「海外生活」カテゴリーアーカイブ

Office 365 Solo日本語版を海外で買ってみた

海外在住で地味に悩むのが、ソフトやパソコンを
どこで買うかということ。
現地で買うことはもちろんできますが、日本語版を
買ったほうが後々便利なこともあります。
最近ありがたいのが、オンライン版が海外からも買えるように
なったこと。
「日本国内のみからのダウンロード」などと
注意書きがあったりしますが、
今回はOffice 365 Soloを買ってみました。

Office 365 Soloの口コミ評判が良いらしい!

評判が良いらしいOffice 365 Solo 版。
2台のWindows/MacやiPadなどで、Word/ Excel/ PowerPoint /
Outlook/ Onenoteなどが1年間使えます。
年間の使用料を払い続けないといけない仕様ですが、
初期投資が少なくてというメリットもある。

私はずっとMac版のMicrosoft Office 2008(古すぎますね)
を使ってきました。

毎年、新しいものを買おうとするのですが、評判の悪さに
手が出ないでいました。
Mac版のオフィスってなぜかいつも評判が悪いんです。

しかし、このOffice 365 Soloはなかなかの高評価!

One driveやスカイプの無料通話も使える!

契約期間中は、1TBのOne Driveが使えるのも大きな魅力です。

One Driveはマイクロソフトが運営するオンライン上のストレージサービスで、
早い話がハードディスクとして使える場所を提供してくれるというもの。
1TBあると結構入ります。
スマートフォンの写真や動画を保存しておくのに便利そう。
(ただ、永久保存ではないので、そこは注意ですね)

さらにスカイプの無料通話が毎月60分使えるらしいので、
海外在住者には便利そうです。

海外在住者でもアマゾンからOffice 365が買えたよ!

が、アマゾンの購入ページを見ると、日本語版独自の
Office 365 Soloのオンラインコード版には
「日本国内でのみ購入可能」って書いてあります。

うーん、ダメかもしれないな。
それでもどうしても今使いたい、
ということで、思い切って買ってみました。

結論から言うと、私の環境では大丈夫みたいです!
インストールもかつてのオフィス製品からすると
拍子抜けするほど簡単。
サクサク動くようになりました。
今のところは、目立った不具合も起きていません。
あー助かった!

マイクロソフトの公式サイトで12,774円。アマゾンでは11,581円で、
アマゾンの方が若干安いのが決め手になりました。

(アマゾンのリンクです。評判も読めます。)
Microsoft Office 365 Solo(1年版) 購入特典付き|オンラインコード版|Win/Mac/iPad対応

これから海外に暮らす人はどんどん増えると思うので、
こうしたオンラインで買えるサービスはありがたいですよね!

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)



世界のどこかに拠点を増やすということ

最近、周りの人の移動っぷりが半端ないです

昨日はフィリピンの日本人とスカイプで打ち合わせ。
先週は米国在住のDJの方とスカイプで打ち合わせでした。

ここ数年、なんだか、私の周りの人たちが
みんな世界を飛び回ってる感じで圧倒されます。

古い友人はインドに移住しちゃいましたし、
別の友人はオーストラリアへ行きました。
友人はふと「そろそろ国を変えようかなー」って
呟いててこれまたビックリです。

中流の中華系のマレーシア人家庭では、
家族の誰かしらが欧米やシンガポールなどにいるのが多数。
彼らは年中、家族に会うためにあちこち移動していて、これまた忙しそう。

2拠点移住をしている人も増えてます。
昨日はシンガポールとマレーシアで半々の生活を
しているというチャイニーズに会いました。
仕事で1月の半分を日本で過ごす人も数人知っています。
米国とフィリピンと行き来してる人もいます。

2拠点移住の良いところは、居場所が二つに増えること。
交友関係も文化も食べ物も選択肢が広がります。
視点が新たに加わることで、新たな発見がありますよね。

子供はといえば逆で、日本に帰るのが楽しみでしょうがないと言っています。
日本は彼にとって完全に異文化。
東京の「あらゆる空間が音と情報で埋め尽くされている感じ」
がたまらなく好きなんだそうです。

ずっと東京にいたら出てこない視点かもしれません。
旅とは違い、新たに世界のどこかに拠点を持つというのが、
当たり前の時代になってきたのかもしれないですね。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)



運動するだけで幸せになるというのは本当らしい

友人の一人が、最近ジムに入りヨガにはまったようです。

そしたらなんと、
「運動するようになったら、毎日幸せでしょうがないの。
こんなに幸せで良いのかってくらい幸せなの」

と言ってました。

私も実は同じなのです。

運動には人を幸せにする効果があるそうです

子供の頃から運動が大の苦手だった私ですが、
今なんでジムに行くかといえば、楽しいから。

とかく運動の機会が少ないマレーシア生活。
はじめは健康のために嫌々入ったジムですが、
今はただ楽しくてしょうがないので通っています。

このブログによれば、運動には人々を幸せにする効果があるんだそうです。
運動時、私たちの脳に何が起きてどのように幸福感をもたらしているのか?

なぜ運動で多幸感が得られるのか、
みんな知りたいんで、その理由を突き止めようとしています。
その気持ち、とてもよくわかるのです。
なぜこんなにハッピーなのか、知りたくなるんでしょうね。

難しい理屈についてはよくくわかりませんが、
朝運動すると、1日幸せな気分が持続します。
自分がこんな風に思う日が来るとは、夢にも思いませんでした。

コツは嫌なことを無理にやらないこと

私は運動の習慣が長続きすればそれでいいかな、
と思ってやっていますので、嫌なことはやりません。

もう3年ジムにいて、人々を観察していると、
どうも無理に辛いことをやると、長続きしないようです。
我慢してやるうちに、
ジム=つまんないところ
と脳に刷り込まれてしまうんでしょうね。

もちろん、運動しても幸せにならない人もいます。

マレーシア人でも同様で、
他人の言動に振り回されたり、反対に他人に口出ししたり、
あれこれ批評ばかりしている人たちは、
あまり幸せそうには見えないです。

人は人、自分は自分と割り切って、
自分に合ったものをマイペースでやるのが一番ですね。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)