「フェイスブック」カテゴリーアーカイブ

Facebookで怒ってる日本人をみて思うこと

こんにちは! マレーシア在住6年目の野本です。
いつもありがとうございます。

最近、私のFacebookのフィードでは、航空会社の対応を巡る意見がたくさん流れてきます。
それぞれ、「自分はこう思う」「いかがなものか」と意見を戦わせています。

以前はこれが不倫騒動だったり、政治家の失言だったり、誰かの服装についてだったり。
こっちが正しい、あっちが正しい、とやってます。
電車で化粧してる人をみたとか、非常識な親子を見たとかで、
けしからん!と怒ってる人もいます。

いつも思います。ほうっておけば良いのにと。
他人の噂で怒ったり熱くなれるのが不思議です。

おかげでFacebookから遠のくばかりです。
日本のニュースもフォローを外しました。
Twitterもほとんど読んでない。
見るのは精神衛生上よろしくない。

ところがマレーシア人の友人たちはと言うと、こういう書き込みをする人が少ないです。
もちろん、なかには、政府に文句言ったり、皮肉書いてたりする人はいます。
でも圧倒的に少ないんですよ。

書いてるのは、自分がどこ言って何食べた、誰と遊んだ、かな。
ニュースや格言をシェアする人もいるけど、ポジティブなものが多いです。
みんな自分のことに忙しいので、他人にそこまで興味がありません。
自分大好きなんで、自分の顔がたくさん出てきます。

マレーシアでは、正義の戦いは無駄なんですよ。
だから、みんなハッピーなら、多少のことには目をつぶります。
「正しいことをするより、親切にしよう」というわけです。
宗教も違う、考えも違う人たちが住んでいるので、
他人の行動をどうこう批判する人が少ない。

だから、ここでは女性がご飯作りを放棄しようが、子供置いて海外旅行いこうが、
それを責め立てる人はいないんです。
社会がお母さんたちを糾弾したりしない。
おかげで、みんなのびのび行動してるんだと思います。

そこは多分、アメリカともヨーロッパとも違うんじゃないかな。
住んだことないけど。
日本で息苦しいと思ってる人はぜひきて見ると良いです。

正義の戦いをしてる人たち、私の友達だから、みんな良い人です(笑)。
小学校の反省会で「野本くんが掃除をサボっていました。いけないと思います!」「そうだそうだ」みたいなのやりましたね。
きっとあの延長線上なんだろう。
意味あるのかなぁ。

対処法は簡単。
私は動物みたいに、「この人怖いな」と思ったら離れるし、
「この人面白いなー」と思ったら近づきます。
それだけです。シンプルです。

自分に関係ないことは考えない。

今年はこれで行きます。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)



Facebookばかり見ていると、不幸になる

Facebookっていいところもいっぱいあります。
人との関わりが本当に広がるし、
ちょっとしたつながりが深まるきっかけにもなる。
書いた一言から、思わぬ情報を得られることもあります。

フェイスブックの他人の投稿は見なくていい

フェイスブックで何が変わったかといえば、
やっぱり他人が何してるのか? が
いちいち見えるようになったのが大きいです。

しかしですね。
フェイスブックの書籍2冊も書いた私が言うのもなんですけど、

SNSで他人ばかり見てると、不幸になると思ってます。

他人の私生活なんて、
本来は見なくていいことなんですよね。

私を含めて普通の人はFacebookでは良いとこしか見せません。

それを見ては勝手にイライラしたり、
比較してうらやましく思ったり、もやもやしたり、
「あれ、なんで自分と違うの」って思ったりします。

さらに、なかには他人をコントロールするために、
フェイスブックを使ってる人もいます。
他人を扇動しようとしてたり、暗に誰かを責めるような内容を
書いてみたりします。
一言チクリと嫌味を書いてやらないと気が済まない、
という人たちもいるようです。
フェイスブック見るたびに嫌な気分になってたら、
世話ないですよね。

マレーシア人にもそういう人がいて、
ライバル?に見栄を張るために、フェイスブックに投稿してたりします。
そういう人は要注意で、写りの悪い写真でも投稿したら、
むちゃくちゃ怒りだします。
「いいね」がない、と愚痴ったりします。

中にはいやーなニュースばかりシェアしてウンザリさせる人もいます。
これも困りもので、やはりネガティブな情報というのは心の中に
いやーな感じで残ってしまいます。

このように、他の人はいろんな思惑で
それぞれ投稿しています。
他人はコントロールできないですから、
他人の投稿で心乱されるくらいなら、
最初から見なければ良いのです。

何よりも、自分に集中出来る時間が減ってしまいます。
自分に集中したほうが、ずっと健康的です。

Facebookを使うなら、自分のために使うと割り切ろう

だから、SNSを使うなら、
自分のために使えば良いと思っています。
ちょっとした近況報告。
アルバム代わり。

私なんて超自己中心的で、
昔からほぼ自分のタイムラインしか見てないです。

自分は変えられるから。
他人の投稿は目に入った時だけリアクションしてます。

友達も500人も超えてくると、全員を見ることは不可能になってきます。
見えない人は全然見えません。
でも、それで良いと思っています。
全員と交流するなんて、どだい無理な話なので。

過去の自分を見て、「オー、こんなこと考えてる時期もあったな」
「あれ私去年も同じこと言ってるな。成長してないな」
でいいと思うのですよねー。

人生は短いのです。
余計な情報をいかに入れずに、心安らかに、そして
楽しく過ごすかが、とても大事だと思っています。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)