「マレーシア生活」カテゴリーアーカイブ

マレーシア生活

人工知能の時代だから人の親切が嬉しいよね

日本のサービスはスキがないし、本当丁寧だけど、
何かロボットみたいなんですよね。

お辞儀の角度とか
「あ〜こうやらないと怒られるんだなー」とか
余計な心配をしてしまう。

マレーシアのサービスってほんと適当。
おしゃべりしてる店員さん、ケータイ見てる店員さんなんて普通。
店員さんが突然全員消えちゃった店もある。
店側のエラーだってしょっちゅう。

だけどみんな余裕があって、
困っていると助けてくれるんです。

私タイヤのパンクを洗車屋さんに間違えて持ってったら、
3人がかりで(道具もないのに)頑張って治してくれました。
工具屋さんに工具買いに行ったのに、
なぜか貸してもらっちゃった人も知ってます。

例えば、ケータイ屋さんはあちこちにあって、
SIMを入れるのはもちろん、
ちょっとした修理なんかはさっとやってくれて、
「お金? いらないよ」って言われたりします。
困ってると一緒に考えてくれます。

日本だと、通信用のカードを買うときに
「SIMカードはお客様ご自身で入れて
いただくことになっておりまして、アクティベートを
お手伝いすることはできかねます」
「当店ではWi-Fiをお客様にご提供できかねます」

とか丁寧に言われて自分でやって
四苦八苦することになります。
Wi-Fiがないから買う通信カードなのに、
Wi-Fiがないと設定できないとか意味がわからんですよ。

人工知能じゃないんだからさ、
もっと親切にしてくれてもいいじゃん?
って東南アジアのサービスに慣れてると思っちゃう。

ロボットみたいな日本のサービスと、
牧歌的なしたマレーシアのサービス

アパレルの店員さんとか、「いらっしゃいマセェー」とか
どっから声出してるのかなぁ、
って思っちゃう。
家に帰ったらキャラかえるんだろうなー。

何が言いたいかというと、
日本のサービス業はサービスの時は役になりきって
徹底的に奉仕するので、
多分、普段のその人とは違う人格を演じてるんですね。
私自身もレストランで働いてた時は、
違う人格になりきってました。
だからロボットみたいに感じるんだろうなー。

マレーシアのサービス業って、仕事している時と
そうでない時で特にキャラを変えてないですよね。
声も地声だし、笑顔もあったりなかったりフツーです。
その人はその人。店にいようが友達といようがそのまんま。

その「マニュアルっぽくなさ」ゆえ、一見ぶっきらぼうだけど、
なんか親しみが持ててほっとするのです。

ロボットや人工知能の時代だからこそ、
なんか人間っぽい親切とかエラーとか、
そういうのが大事になる気がします。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)



やりたくないことはやらない

最近、立て続けに、「やりたくないこと」を無理やりやって、
悲惨な結果を見てしまいました。
周囲にも不愉快な思いをさせてしまいました。

私はわがままなので、行きたくもない会合に行って、
楽しいフリして笑ったりするのが
本当にできません。

例えば、昔から、テレビとか動画が苦手です。
よほど興味が持てないと見つづけること自体が苦痛です。
学校で授業を聞くのも苦手でした。
頭に全く入らない……。

大抵のポップミュージックも苦手です。
オーケストラは好きだけど吹奏楽は嫌いです。

で、嫌いなものを無理に続けてたら好きになるかも?
といつも続けてみるのですが、
結果はいつも悲惨なことにしかなりませんでした。

吹奏楽なんて、毎回引き受けてはみるものの、
結局いつもどうしてもやる気になれず、
練習もサボり、周りも不満が溜まり、ひどいことになります。

だからどうかみなさま私を吹奏楽に誘わないでください。

仕事でもそうで、やりたくない仕事を無理に
引き受けてると、良い結果は生みません。

ところがですね、正直に「嫌いだからやりたくない」というと、
そんなはずはない。やってみなよ」という人が出てきます。
マレーシア人にも日本人にもいます。

さらに、私自身にも、学校時代に刷り込まれた
「苦手は克服しなくてはいけない」
「好き嫌いはいけません」
と云う謎の考えが浮上してきて、定期的に
じゃちょっとやってみるか、世界も広がるしな、
と思っちゃうんですよね。

でもね、結局周囲にも迷惑をかけてしまうし、
良い結果を生みません。

なぜか嫌いなものを無理に好きになろうとすると、
余計嫌いになってしまうことがあります。
そうすると、もうどうにもならないのです。

「あ、違うな」と思った時点で引き返せばいいのは
わかってるんですが、
「途中でやめる」ってことが難しい。
本当、この歳にして、いい加減学習しろよ自分、と思います。

以前、毎年「嫌いなことはやりません」と年賀状に書いてくる先輩がいました。
当時は「子供っぽい、わがままな人だなー」と思ってました。
でも年を重ねて、彼が言ってることは真理だ、と思うようになりました。

子供も同じで、嫌だと言ってることを無理やりやらせても、
いい結果にはならないでしょう。
だから、私は「好き嫌いは悪いことだ」とは言わないようにしています。

反省と今後への自戒を込めて書いておきます。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)