「人間関係」カテゴリーアーカイブ

人間関係の悩み

マレーシアで良いのは「無駄に怒られない」こと

日本からマレーシアに帰ってきました。

マレーシアで良いなーと思うこと。それは、
それは、「無駄に怒られないで済む」ってことです。

東京には怒っている人が多い

東京では、街で怒っている人をよく見かけました。

スーパーで店員さんに怒ってる人、
店で文句言ってる人、
駅で舌打ちしながらすり抜けていく人……。

近所の郵便局には
「ATMでのお客様同士のトラブルが増えています」
という張り紙を見ました。
駅前では怒鳴っている街宣車がいました。
何を怒っていたんだろうなぁ……。

店員さんも、それを見越して無駄に防御しているようにも見えました。
「これ以降はお客様ご自身の責任でお願いします」
「こちらの商品は特性上、返品はお受けし兼ねます」
みたいに防御してるんですよね……。

なんかもうギリギリのところでみんな頑張ってるのかなー。

ただ、他人が怒っているのを見るだけでも、
地味ーに精神にくるんですよね……。

個人的にどっちが正しいとか本当にどうでも良いので、
みんな辛いことを無理して続けるのはやめよーよと言いたいですね。

怒りをコントロールしないとマレーシアでは損します

マレーシアに来ると、街中で無駄に怒っている人がほとんどいません。
以前も書いたけど、怒りをコントロールできない人は、
ここではダメな人とみなされて相手にされないんです。

正義の戦いをしてる人もたまにいますが、
ここでは正義の数もいろいろなので、
あんまり意味がありません。

以前、怒鳴りまくる韓国人のお客さんに対して、
マレーシア人の不動産屋さんがかるーくいなしていました。
ああ、ここでは怒る人は尊敬されないのだな。
怒ってると、大抵損するのだ、と5年で学びました。

威張ってる人も少ないですね。
ハッピーな雰囲気なので、人ごみが怖くないのです。
その代わり、治安は悪いんで、その分注意は必要なんですけどね。
プラマイゼロです。

東京ではみんな厳しすぎて、お互いの首を絞めてるように見えます。
もっとテキトーに気楽に行けばいいのに、といつも思います。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)



意見の違う人は「放っておく」ーーそれだけで心は平穏になる

マレーシア人から一番学んでるなーと思うこと。
それは「意見の違う人は放っておく」ってことです。

世界って結局のところ自分が見た一面でしかありません。
相手と意見が違うのは当たり前。

エスカレーターのどっちを歩くとか、
タバコを吸うマナーだとか、
日本では細かいことでも白黒つけたがりますよねー。
勝ち負けをめぐって両者はオーバーヒートし、
本来の目的を忘れ、勝ち・負けをめぐって
争ったりします。

ひどくなると、高層マンションの上と下のどっちが上かとか、
千代田区と中央区どっちが上かとか本当にどうでもいいことでも
争ってしまいます。

間違いを指摘されて逆上する人もいます。
指摘する方は「こんなことも知らないのか」などと言ったりして、
勝ち負けの土俵で「勝負」始めちゃうんですね。

けど、マレーシア人を見ていると、
侃侃諤諤の議論はしないんです。

意見の違うのは当たり前なので、放っておく。
それだけです。

たったそれだけで、社会って驚くほど平和になるんですよ。
時間も大幅に節約できます。
プトラジャヤとサイバージャヤ、
どっちが上か議論してる人、知らないですよ。
いるのかなぁ。

もちろん、マレーシア人もいろいろ指摘しますが、
根っこのところで「勝ち」「負け」に拘らない人が多いので、
ムキにならずに対応できちゃう。
いつも見習わねば、と思ってしまいます。

ムスリムとインド人と中国人がいたら、意見が合うはずがないですよね。
食事だけでも、豚肉食べない人、牛肉食べない人がいて、
さらにベジタリアンもいますしね。

多分、日本も外国人が増えると、放っておかざるを得なくなるでしょう。
いちいち他の宗教の人に文句をつけていても始まりません。

まーいろいろカオスにはなるでしょうが、
そうすることで、ちょっと変わった日本人(私か)でも
少しは生きやすくなるのではないかな、と期待してしまいますね。

ーーーー

他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)



クレーマー対策で大変な日本のサービス業の人たち

 

マレーシアと日本、一番違うなーと思うのは、人の扱いかな……。
あまりに違うので、日本の状況が信じられなくなってきます。

マレーシアと日本、人に対する扱いが違う

マレーシアでは、レストランや店の従業員はのんびり。
従業員に威張るお客さんは嫌われます。(参考記事

日本だと逆で、サービス業の人は大変です。
相手の立場が弱いと威張り出す人がいます。
「自分より下の立場の人はどう扱ってもいい」
と考える人が一定数いるのです。

この人たちは、相手が自分より下と見るや否や、
怒鳴ったり無理難題を押し付けたりする。
気に入らないと「誠意がない」と言って、ごねたりします。

雑誌の編集部に怒りの電話をかけてくる人たち

クレーマーが大変なのは、何もサービス業だけじゃありません。

雑誌の編集部にいた頃、発売日になると、
「オタクはどうなってるの?」
「こんなことも知らないの」
みたいな電話がかかってきます。

なかには「社長を出せ」とか言って
編集部まで押しかけてくる人もいて大変でした。
これが一人じゃないからびっくりです。

製造業の人からも、「日本のお客は細くて厳しいので大変だ」
と聞いたことがあります。

広告業界だと下請け会社に「とにかくすぐ直せ」などと無理を言う人も多いです。
社内で部下や他部署の人を相手にやっている人もいます。

この人たちが何を考えているかというと、半分くらいは
相手に意地悪して困らせてやりたい、と思っているんですよね。
または、自分の力を相手に誇示して、どっちが上かわからせてやりたいかな。
ヤレヤレです。

クレーマーが少なくなると、仕事は楽になる

マレーシアには、相手に対し、尊厳をもって接するお客さんが多いですね。
そして滅多なことでは怒りませんし、
コミュニケーション能力が高い人が多い。

すると、社会はとても楽になります。
無駄な仕事が減り、お互いに単なる意地悪で仕事を増やすことがなくなります。
自殺率も低いです。

何しろ、クレーマー対応みたいな無駄な仕事が少ないから、
無駄にビクビクしなくて良いんです。

無理やりごねたり、怒ったりするお客さんがない社会の方が
効率的に仕事ができるなーと思います。

ーーーー

他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)