「人間関係」カテゴリーアーカイブ

人間関係の悩み

意見の違う人は「放っておく」ーーそれだけで心は平穏になる

マレーシア人から一番学んでるなーと思うこと。
それは「意見の違う人は放っておく」ってことです。

世界って結局のところ自分が見た一面でしかありません。
相手と意見が違うのは当たり前。

エスカレーターのどっちを歩くとか、
タバコを吸うマナーだとか、
日本では細かいことでも白黒つけたがりますよねー。
勝ち負けをめぐって両者はオーバーヒートし、
本来の目的を忘れ、勝ち・負けをめぐって
争ったりします。

ひどくなると、高層マンションの上と下のどっちが上かとか、
千代田区と中央区どっちが上かとか本当にどうでもいいことでも
争ってしまいます。

間違いを指摘されて逆上する人もいます。
指摘する方は「こんなことも知らないのか」などと言ったりして、
勝ち負けの土俵で「勝負」始めちゃうんですね。

けど、マレーシア人を見ていると、
侃侃諤諤の議論はしないんです。

意見の違うのは当たり前なので、放っておく。
それだけです。

たったそれだけで、社会って驚くほど平和になるんですよ。
時間も大幅に節約できます。
プトラジャヤとサイバージャヤ、
どっちが上か議論してる人、知らないですよ。
いるのかなぁ。

もちろん、マレーシア人もいろいろ指摘しますが、
根っこのところで「勝ち」「負け」に拘らない人が多いので、
ムキにならずに対応できちゃう。
いつも見習わねば、と思ってしまいます。

ムスリムとインド人と中国人がいたら、意見が合うはずがないですよね。
食事だけでも、豚肉食べない人、牛肉食べない人がいて、
さらにベジタリアンもいますしね。

多分、日本も外国人が増えると、放っておかざるを得なくなるでしょう。
いちいち他の宗教の人に文句をつけていても始まりません。

まーいろいろカオスにはなるでしょうが、
そうすることで、ちょっと変わった日本人(私か)でも
少しは生きやすくなるのではないかな、と期待してしまいますね。

ーーーー

他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)



クレーマー対策で大変な日本のサービス業の人たち

 

マレーシアと日本、一番違うなーと思うのは、人の扱いかな……。
あまりに違うので、日本の状況が信じられなくなってきます。

マレーシアと日本、人に対する扱いが違う

マレーシアでは、レストランや店の従業員はのんびり。
従業員に威張るお客さんは嫌われます。(参考記事

日本だと逆で、サービス業の人は大変です。
相手の立場が弱いと威張り出す人がいます。
「自分より下の立場の人はどう扱ってもいい」
と考える人が一定数いるのです。

この人たちは、相手が自分より下と見るや否や、
怒鳴ったり無理難題を押し付けたりする。
気に入らないと「誠意がない」と言って、ごねたりします。

雑誌の編集部に怒りの電話をかけてくる人たち

クレーマーが大変なのは、何もサービス業だけじゃありません。

雑誌の編集部にいた頃、発売日になると、
「オタクはどうなってるの?」
「こんなことも知らないの」
みたいな電話がかかってきます。

なかには「社長を出せ」とか言って
編集部まで押しかけてくる人もいて大変でした。
これが一人じゃないからびっくりです。

製造業の人からも、「日本のお客は細くて厳しいので大変だ」
と聞いたことがあります。

広告業界だと下請け会社に「とにかくすぐ直せ」などと無理を言う人も多いです。
社内で部下や他部署の人を相手にやっている人もいます。

この人たちが何を考えているかというと、半分くらいは
相手に意地悪して困らせてやりたい、と思っているんですよね。
または、自分の力を相手に誇示して、どっちが上かわからせてやりたいかな。
ヤレヤレです。

クレーマーが少なくなると、仕事は楽になる

マレーシアには、相手に対し、尊厳をもって接するお客さんが多いですね。
そして滅多なことでは怒りませんし、
コミュニケーション能力が高い人が多い。

すると、社会はとても楽になります。
無駄な仕事が減り、お互いに単なる意地悪で仕事を増やすことがなくなります。
自殺率も低いです。

何しろ、クレーマー対応みたいな無駄な仕事が少ないから、
無駄にビクビクしなくて良いんです。

無理やりごねたり、怒ったりするお客さんがない社会の方が
効率的に仕事ができるなーと思います。

ーーーー

他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)



「正論」が幅を利かす社会は息苦しくなる

おはようございます。野本です。
早起きして原稿書いてたら、びっくりする記事が目に入ってきました。

「早起き」すると寿命が縮む!オックスフォード大学の研究で判明~心筋梗塞、脳卒中、糖尿病のリスクが倍増

先日、オックスフォード大学の研究で、「早起きが体に悪い」という結果が出て、
話題になってるそうです。汗

朝食は重要は嘘だった、という話もありますね。

「朝食が重要」はウソだった:研究結果

1 「正論」が時代に合わなくなってきてる

こんな風に、最近今まで「正しい」とされてきたことが、簡単にひっくり返ります。
これらの研究結果だって、また覆されるかもしれませんねー。

私が子供の頃の給食は、牛乳とマーガリンが定番でしたが、
今や体に悪いのではないかと議論になっています。
小さい頃に処方されていた喘息の薬は、大方否定されてしまいました。

マレーシアで大人気のUberやAirBNBだって、
一昔前なら「白タク」「違法旅館」なわけで、正しくないこと、なわけです。
国の決めた法律を守らなくていいんじゃないの、と考える人が増えてきたのだと思います。

日本では不倫はいけないこととされてますが、
ここマレーシアには二人の奥さんを持つ人もいますね。
日本にだって、そういう時代がありました。

つまり何が言いたいかというと、
正しさって、時代によって、場所によって変わります。
教育に関しても正解が一つである、と教えるのは、
そろそろ時代に合わなくなってきてるんですね。

2 正しさは、どちらの方向から見るかによっても違う

「Wonder」といういじめをテーマにした米国の小説では、
最初の方にジュリアンという嫌ーーないじめっ子が出てきます。

ワンダー Wonder

ところが続編では、このいじめっ子の視点から物語が展開し、
実は大して嫌な奴でもなかったことが明かされてしまいます。

続編はこちら(英語のみ)
Auggie & Me: Three Wonder Stories

これを読んで子供はショックを受けるわけですが、
「正しさ」なんて立場や与えられる情報によって
大きく変わるんだなーと理解します。

この小説には「正しいことをするか親切なことをするか迷ったら、
親切な方を選ぼう」という言葉が出てきます。
子供の学校ではこの本を教科書に使って、
ついでに道徳教育をしていたようですが、
これ素敵だなと思いました。

3 正しさは曖昧だけど、親切は普遍的

正しさは曖昧だけど、相手に気持ち良くなってもらおうと行う親切って、
結構普遍的です。

マレーシアではこれが自然に行われていて、
公共の場所やレストランなどで「親切にしている人」を見かけます。

隣のテーブルで写真を撮っていたらさりげなく手伝ったり、
物乞いの人が回ってきても、あれこれ考えず寄付をする人がいます。

宗教の力が強く、おかげで、社会の居心地が良いのです。

日本人の私は最初正論を振りかざして、
あれこれ損をしていた気がしますが、
こっちの人は「他人に親切にすると良いことがある」と考えています。

昔の日本人も「情けは人のためならず
(人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、
やがてはよい報いとなって自分にもどってくる)といってました。

ところが最近では、「親切にするのは他人のためにならない」と誤用されてますね。

ここでは「用語が正しくない!」と誤用を糾弾したいのではなく、
昔の日本人も結構良いこと言ってたなーと思うわけです。

今の日本では、寄ってたかって「正しくない人」を糾弾する動きが多いですが、
完全に正しい人なんて、多分存在しないですよね……。
違法残業したり、経費で飲食したり、未成年で飲酒した人なんて、
ゴロゴロいるはず。

つまり今の日本では、誰でもいつでも袋叩きにあう可能性が高いってことです。
これ、息苦しいですし、何より恐ろしい社会です。

そろそろ、ゆる〜い東南アジアに倣って、
他人に親切にする社会に移行したら良いなと思います。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)