「海外移住」カテゴリーアーカイブ

信頼感がベースにあると、仕事の量が減って行く理由

こんにちは。野本です。

日本に比べると、東南アジアの人々の労働時間は短いです。
銀行や鉄道、雑誌制作など、明らかに似た仕事をやっているのに、なぜマレーシア人たちは残業しないでやっていけてるんだろう? と不思議でした。

 

最近、それは、「信頼感」によるんじゃないかな、と気づきました。
マレーシアは日本より治安が悪いのです。なのに他人への信頼があるのです。

信頼がベースにあると、いろんなコストが下がって行く

例えば、マレーシア人向けのマニュアルは、日本人ほど細かくなくても大丈夫です。

これね、あらゆるところで感じます。

先日、マレーシアの自治体主催のメディアを対象にした旅行に行ってきました。

今回も、旅程表はりアバウトなPDFのみ。
出発時間も集合時間も書いてなくて、ただイベントのラフな時間が書いてあるだけです。

どーするのかな?と思っていたら、SNSで前日、連絡が来ました。
当日さらに、バスの遅れにより変更になり1時間遅れになりました。
当然ながら、誰も怒らないし、文句をつける人も皆無です。

しかも、このツアー、誰も時間通りに集まりません。
だいたいの時間になると、何となく人が集まり始め、SNSで「行くよー」と主催者が声をかけ、
30分くらい後にようやく出発。

誰も時間通りに集まらないのに、進行に問題が出ない不思議

一時が万事こんな感じなのですが、終始和やかな雰囲気で、仕事が進んで行きます。

それはもうこんなにスムーズで良いのかな?というくらい、何の問題もなく、
5日間の日程が無事終了しました。
かなりハードなスケジュールで、朝から夜中まで満杯なのに、不思議すぎです。

世界は面白いですね。
ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia


(スポンサーリンク)



意見の違う人は「放っておく」ーーそれだけで心は平穏になる

マレーシア人から一番学んでるなーと思うこと。
それは「意見の違う人は放っておく」ってことです。

世界って結局のところ自分が見た一面でしかありません。
相手と意見が違うのは当たり前。

エスカレーターのどっちを歩くとか、
タバコを吸うマナーだとか、
日本では細かいことでも白黒つけたがりますよねー。
勝ち負けをめぐって両者はオーバーヒートし、
本来の目的を忘れ、勝ち・負けをめぐって
争ったりします。

ひどくなると、高層マンションの上と下のどっちが上かとか、
千代田区と中央区どっちが上かとか本当にどうでもいいことでも
争ってしまいます。

間違いを指摘されて逆上する人もいます。
指摘する方は「こんなことも知らないのか」などと言ったりして、
勝ち負けの土俵で「勝負」始めちゃうんですね。

けど、マレーシア人を見ていると、
侃侃諤諤の議論はしないんです。

意見の違うのは当たり前なので、放っておく。
それだけです。

たったそれだけで、社会って驚くほど平和になるんですよ。
時間も大幅に節約できます。
プトラジャヤとサイバージャヤ、
どっちが上か議論してる人、知らないですよ。
いるのかなぁ。

もちろん、マレーシア人もいろいろ指摘しますが、
根っこのところで「勝ち」「負け」に拘らない人が多いので、
ムキにならずに対応できちゃう。
いつも見習わねば、と思ってしまいます。

ムスリムとインド人と中国人がいたら、意見が合うはずがないですよね。
食事だけでも、豚肉食べない人、牛肉食べない人がいて、
さらにベジタリアンもいますしね。

多分、日本も外国人が増えると、放っておかざるを得なくなるでしょう。
いちいち他の宗教の人に文句をつけていても始まりません。

まーいろいろカオスにはなるでしょうが、
そうすることで、ちょっと変わった日本人(私か)でも
少しは生きやすくなるのではないかな、と期待してしまいますね。

ーーーー

他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)



言葉の訛りはときには武器になる!?

最近、当地の子供たちの間で大人気のYoutubeが
「Crazy Russian Hacker」。
https://www.youtube.com/user/CrazyRussianHacker

ロシア人男性が、いろんな実験したり、
料理したりするチャンネルなんですが、
これがなぜかマレーシア人の子供達に大受け。

肝は男性のバリバリのロシア語なまり。
朴訥としたロシア語訛りで淡々と話す姿が、
いい味出してるのです。

ところが、Business Insiderのこの記事によれば、
彼のアクセントが愛されているのは事実だけれども、
実は彼はロシア人ですらなく、彼のアクセントはわざとやってる
、と
主張している人がいるそーで、びっくりしました。

Some of the commenters loved his personality and accent while others came for the science and explosions. There were even a few truth sayers that insisted that Kulakov wasn’t even Russian and that his accent was fake.

http://www.businessinsider.com/who-is-the-mysterious-crazy-russian-hacker-2015-8?IR=T&r=US&IR=T

彼のアクセントがなければ彼の個性は成立しないんですよ……。
ちなみに私の友人のカザフスタン人も同じような訛りの英語を話しますが、
やっぱりそれが彼女の個性だと周りは認識しています。

マレーシア人も同様で、マレーシア独特の英語を話してます。
バリバリのマレーシアなまりで話す人が多く、
マレー語や福建語をわざとちりばめ、
「マレーシアっぽく」話してたりします。
(可愛く聞こえるので、こっちの方が若者っぽいそーです)

ネイティブみたいに話さなきゃ、
とか多分1ミリも思ってないと思う。
それでもちゃんと映画は字幕なしで理解しています。

最近はやりのペン・パイナポー・アッポー・ペンもそうですが、
案外、訛りって味になるんじゃないかなーと思うんですよね。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)