月別アーカイブ: 2017年3月

答えが一つじゃない時代って本当ですね

こんにちは。野本です。

HIBANA LABさんで企画していただいた「お話会」無事終わりました。
皆さん、とても勉強されてるばかり。たくさん質問も出てドキドキしましたが、とても面白く、私も刺激になりました。
ありがとうございました。

答えが一つじゃない時代

今回、レジュメは事実とポイントだけの簡単なものにしました。
なぜかというと、お話会で話した内容は、話した途端に古くなるんです。
本も同じ。ウエブも同じ。
すべてがすごいスピードで変わっていくので、情報を取っておいたり、暗記することにあまり意味がないと思います。

今の時代、ひとつだけ確実なことがあるとしたら、「すべてのものは変わる」ということ。
「すべてのものは間違える」ということ。

今や私が覚えた歴史の内容の多くは新事実により訂正されてます。
私が小さい頃に飲んでいた喘息の薬、ほぼ否定されました。
子供の頃の給食は毎日マーガリンが出てきましたが、今やマーガリンは悪者ですしね。
牛乳の良し悪しも議論されています。
水素水もいいと言われたり、意味ないと言われたり忙しいです。

こんな時代に「鎌倉幕府成立は1192年」などとただ暗記していたら、時代においていかれます。
むしろ、情報を検索し、それを鵜呑みにせず、批判的に見られることが大事かな。
この後「マーガリン悪者説は嘘だった」って論文が出るかもしれません。

そして先生も一方的に知識を授けるだけではなく、間違える存在であることを認めないといけないです。「決めつけない」って能力も大事だと思うのです。

「この人はこう言ってるけど、どういう目的で言ってるんだろう?」って考えること。
なんでもやってみてさっさと自分の立ち位置を変更できること。
雑誌や書籍だって、人間が作ってるから、たいてい間違いがあるのです。
えっと、毎月雑誌を作る現場にいた私が保証します。(汗)

学校教育も同じだと思うんですね。
私たちの子供の時代って答えが一つでした。
「一流の会社に行くためには、東大とか悪くても早慶くらいに行って、3年から就活してどこかに入ってそのまましがみつけば、まあいい暮らしはできるでしょう」みたいな価値観があったんですよね。
私たちも学校では「答えはひとつ」という教育を受けてきました。

ところが、現在は、簡単に「じゃーこうしたらオッケー」って答えは、出てこないんです。
「こういう方向だけど、あとは自分で調べて考えるしかない」としか言えないんですよ。
答えが一つじゃない時代って、まさにこれなんだと思います。

そのために親ができることは、自分自身の人生を充実させることかな。
海外にいるなら、語学力を身につけて、子供から頼まれた時に一緒に検索できる情報を増やすこと。
子供にいろんな世界を見せて、体験の数を増やし、たまには子供といろいろ議論すること。

そんなことくらいかなーと思っています。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)