「英語学習」カテゴリーアーカイブ

フィリピンで英語を勉強してきました

こんにちは! 野本です。

今回は友人の松井博さんがフィリピンのセブ島に作った「Brighture(ブライチャー)」に行ってきました。

英語だけ学ぶならフィリピンお勧めです

元々は、私が松井さんからブライチャーのブログの文章指導を頼まれたのがきっかけです。

仕事でブライチャーの体験談を読み出したら面白そう。
元アップルの松井さんの米国での体験が生きた、ユニークなプログラムです。
「これは行って見なければ」と、申し込みのメールを出していました。
もはや仕事なのか人柱になってるんだかよくわかりませんが……。汗汗

特にグッときたのが、

書けない文章は話せない、ライティングに力を入れた授業
ビジネスにふさわしい表現を教えてくれる
間違いはその場で正してくれる
ビジネス英語の「型」が身につく
フォニックスを使い米国式の発音を一から教えてくれる

ってところ。
そうそう、ビジネスメールって人によって微妙に書き方が違っていたりして、
どうやって書くのが「正解」なのかいつも悩んで時間がかかってました。
それに以前フィリピンの英語学校行ったとき、間違いはいちいち正してもらえなかったんですよね……。

私がフィリピンに行くのは3回目。
以前から、英語を勉強したいとおっしゃる方には(お子さんにも)マレーシアよりフィリピンをお勧めしています。
理由は、集中して学べる語学学校が豊富にあり、選べるからです。

メールの書き方、フォニックス、新鮮でした!

さて感想。どのクラスも良かったのですが、
一番役に立ちそうなのが、課題だったビジネス英語です。

メールの書き方、依頼の仕方、注文の仕方、提案の書き方、など
シチュエーションごとに丁寧に教えてくれました。

Google Docsに教科書と間違えた場所が残っているので、
今後はこれを参考に毎回、メールを作れそうで助かります。

さらにビジネスで使っていい表現、使ってはいけない表現を細かく
教えてもらえて、これも良かったです。

大変だったのがフォニックスのクラス。
子供がマレーシアでフォニックスで発音を学んでるのをみてて羨ましかったのですが、
生まれて初めて米国式の発音を習うことができました。
大人用のフォニックスのクラスってなかなかなかったんですよ……。

このクラスを長期間受けた人が「ヒアリングが向上する」と言っていたのですが、
残念ながらそこまでは達成できませんでした。

私は大学受験時にまとめて「ダジャレ本」で英単語を覚えてしまったので、
未だに英単語とカタカナのダジャレが結びついてしまいます。
ここでは先生が体の姿勢から指導してくれるので、
続けたら良いだろうなぁ〜とつくづく思いました。

これ何で日本の中学校で導入しないんだろう??

宿題で大量の本を読破しました

それから受講前に出る宿題も良かったです。

申し込み時にスカイプの事前カウンセリングがあり、大体のレベルと課題を把握。
児童書や一般書など、課題図書を指定されるのですが、量が多い!
「Steve Jones the exclusive biography」とか600ページもあって、長い!
これ自分じゃ読まないなー、と思ったのですが、事前にはほぼ徹夜で頑張って読みました。
単語や表現の易しいものをちゃんと選んでくれてるので、長くても読み切れました。

ある程度英語に慣れて向上したい人 or 自分の弱点を知りたい!と言う人にはブライチャー、オススメです。
ただ、全くの初心者にはあまりお勧めしません。多分、英語に慣れてからの方が良さがわかる学校かと思います。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)



ビジネスでも使える英語ライティング/英文校正・編集サービス比較

学校で英作文などやったこともない日本人にとって、
英文を書くのは大変です。
留学経験がなければなおさらですよね。
私もそうでした。

そんな中、心強いのが英文の校閲サービスです。
サービス使用歴5年の私が実際に使ってみてわかった
それぞれのサービスの良いところ、悪いところをご紹介します。
最後にわかりづらい料金を比較しました。

【アイディー】評判の日本発英文校正サービス

おそらく日本で一番有名なサービス。
システムが複雑で分かりづらいのですが、
慣れてしまえば、楽に英文を見てくれます。
比較的短い文章を添削してもらうのに向いています。

サービス概要
ビジネス用と一般用、それぞれ時間や料金設定が異なります。
一般用には、さらに細かく指導してくれるモードと、
簡易添削モードがあります。

内容は一般英文、英語日記、英作文課題などから選びます。
自由に英語を書く場合は「自由英作文」ではなく「一般英文」を選びます。
(自由英作文というのは、自由には書けないんですよ汗)

ウエブ上に現れる枠内に文章を入力して送信。
結果はPDFでのダウンロードも可能です。

毎日継続したい人には「定期券」というサービスもあり、毎日決まった単語の
英文を添削してもらえます。選んだ内容によって文字数や、内容が変化します。

講師
講師はネイティブか日本人からか選ぶことができます。
無料で指名ができるので、自分にあった人を見つけるのがポイント。
講師の質にバラツキがあります。

個人的には圧倒的にネイティブの先生がオススメです。

日本人講師は日本語を元に猛烈に細かく直してくれるのですが、
かえって言い回しがややこしくなってしまったり、
ネイティブに「こういう言い方はあんまりしない」
と言われたこともありました。

外国人に完璧な日本語を求めるのが難しいように、
日本人に完璧な英語を求めるのは難しいので、
ある程度できるようになったら
ネイティブに見てもらいましょう。

価格
非常に複雑です。
ポイント制(有効期限あり)で、
都度利用の場合 1単語1.2P=約10.7円。
(ポイントは買う量によっても変わるので、あくまで概算)
定期券の場合 1単語  6.54円(学べる添削・50単語)程度

まとめ
初心者がはじめに試してみるのには良いシステムです。
スピードも早く、講師の質のばらつきも少ない上、
日本人を選べば、講評が日本語で返ってくるし、
日本語の翻訳が正しいかどうかも見てくれます。

一方で、システムが複雑で、料金は比較的高め。
またポイントには有効期限があるので、
期限内に使い切らないといけません。

またゲーム的な側面がないシンプルなシステムで、講師も都度選ぶので
進捗度合いや自分の上達度を把握することは難しい。
モチベーションを保てない人には厳しいのかも。

【フルーツフルイングリッシュ】英語添削の草分けだが評価は分かれる

どちらかというと初心者向けのシステム。
添削目的というよりは、学習目的という感じのサービスです。

購入したポイントには有効期限がなく、
全般に学習を続ける仕組みみたいなものが、工夫されています。
キャンペーンや仕掛けも多彩で、
課題もちゃんと出すとご褒美があったりします。
ゲーム感覚で取り組みたいという人には向いています。

システム

こちらのシステムも、アイディーに負けず劣らず複雑です。
いろいろなコースがあり、都度、文法の特訓コースなども用意されています。
アイディーと違うところは、学習者の実力をある程度判定してくれるところでしょうか。
また、自由に英作文できるのは良いところです。

ただ、システムにしてもなんにしても、長い文章の中に埋もれて書いてあるので、
探し出すのが大変。
全体に、自己啓発系の怪しい雰囲気があるので、受け付けない人もいるでしょう。

講師
講師の質にはバラツキが大きいです。
とても良い先生もいれば悪い先生もいるという感じ。

ただ、基本皆さん優しいので、心がすぐに折れてしまいそうな学習者の
モチベーションの保持には良いと思います。
アイディーに比べると、若干、回答が遅い傾向にあり、
ビジネスで使うのは難しいかも。

価格
チケット1枚=540円(約108単語)
120枚(ボーナス20枚) 64,800円(1枚あたり462円)
このほかにいろいろなコースが用意されています。

まとめ
人によっては好き嫌いが分かれそうなサービス。
一回登録すると、毎回長文のメルマガが送られてくるようになります。
よく読むとやる気を出す工夫がされているんですが、
解約してもしつこく送られてくるのが困りもの。
キャンペーンや特別クラスの勧誘もしょっちゅうで、
特別テキストをよく販売しています。

ここのサービスはわりと正直にユーザーのフィードバックを掲載しているので、
熟読してみることをオススメします。

毎回、課題を出すと英語力をある程度診断してくれるので、
英語学習のモチベーションを保つ工夫が必要だ、
という人にはゲーム的要素があって良いと思います。

【Papertrue】長文の英語を添削してほしい時に

米国・サンフランシスコの会社が提供する英文編集サービス。

文章の構成から全体のトーンなど、英文のみだけでなく、
内容まで編集者っぽい視点で見てくれるのがポイントです。

ウエブサイトも添削も英語のみ(他の言語はあるようですが日本語は2016年時点無い模様)。

システム
システムが単純で、非常に明確。わかりやすいです。
そして回答も(私が使った限り)非常に早い傾向にあります。
文法の間違えだけでなく、全体に「ここはこの情報を足した方が良い」などの
指摘もしてくれるので、比較的長文を書きたい人に向いています。

入稿はテキストファイルをアップして入稿すると、
答えはWordの校正機能(コメント機能)でかえってきます。
なのでMicrosoft Wordの利用が必須です。

このサービスの素晴らしいところは、サポートシステム。
チャットでシステムに関する質問がいつでもできます。
わからないことは聞けば即答してくれるので助かります。

講師
正直なところ、講師の質は良く分かりませんが、
ウエブによればプロの編集者やアカデミックの分野での
校正編集経験者が見ているとのこと。
今の所、ばらつきがあまりないように感じます。

価格
100Word 3ドル(1単語 3円)、200wordで5ドル(1単語2.5円)と安いです。

料金はPaypalまたはクレジットカードで支払います。
私は最初、クレジットカードがなかなか通らず
(日本のクレジットカードには使えないものもあるよう)
苦労しました。

まとめ
非常にシンプルかつ分かりやすいサービスです。
料金も安価です。
ただ、サービスは全て英語なので、
日本語からの翻訳はできません。

まとめ=気になる英文添削サービスの料金比較

アイディー 1P_8.9円(1000P以上)
都度利用の場合 1単語1.2P=約10.7円
(自由英作文・お手軽添削の場合)
定期券の場合 1単語  6.54円(学べる添削・50単語)
フルーツフルイングリッシュ 1チケット108単語 540円 1単語 5円
Paper True
一般ライティングの場合 100Word 3ドル(1単語 3円)
1000word 26USD (1単語 2.6円)

最後に

私は最初はアイディーメインでしたが、
最近では Papertrueが多いです。
システムが単純でわかりやすく、
回答が非常に早いので助かります。

海外に暮らすと、子供の日本語力はどうなるのか

こんにちは! マレーシア滞在4年目の野本です。

子連れ移住希望の方から必ず聞かれるのが、
「日本語はどうやったら維持できますか?」
という質問です。

よく、「子どもなんて、現地の学校に行ったら
すぐ英語くらい話せるようになる」
っていうじゃないですか。

ところがところが。
3年いても4年いても、なんと話せない人は話せない。
いや日常会話くらいはできるでしょうが、
その先に行かない人もいるんですよ。

日本語の方も同様で、千差万別なんです。
周りを見ていても、本当に子供によっていろいろ。
面白いくらいに違います。

英語と日本語が混じっているお子さんがいるかと思えば、
何年いても日本語ばかりのお子さんもいます。
英語しかわからない、中国語優位、という
方もいます。

仮説1 語学学習にはインプットの量がものをいう

うちの子(6年生)もそうです。
4年経つのに圧倒的に日本語優位。
完全英語環境なハズなのに、バリバリの日本語ネイティブです。
日本語能力は、漢字の手書きを除けば、今の私と大して変わりません。
日本語と英語が混じることもほとんどありません。

「なんでなんだろう」って聞いたら、彼曰く、
そりゃ、日頃のインプットの量が左右するんじゃないの?」と。

そういえば、毎日大量の漫画やYoutubeで
日本語をインプットしています。
はじめしゃちょー、ヒカキンはじめ、
日本語のYoutube、アニメの日々。
漫画は、「寄生獣」「ヒカルの碁」「ブラックジャック」
「未来日記」「ナニワ金融道」いろいろ読んでます。

しかし、です。

我が子はインターで全て英語の授業を受け、
日本語の補修は受けていないし、自宅学習もやってない。
なのになぜこんなに日本語優位になっちゃうの?

仮説2 語学では自発的なインプットが重要

そこでまたまた仮説を立ててみました。
自発的なインプット>学校でのインプット

漫画などの日本語のインプットは自発的だけど、
英語のインプットは受身です。

最近では「ダンガンロンパ」というゲームにはまり、
日本の県名は「ニャンコ大戦争」というゲームで覚えたよう。
知らない言葉はWikipediaで検索するので、
どんどん語彙が増えていきます。

一方、英語は成績はまあまあですが、語彙が少ない気がします。
英語の先生には「もっと本を読ませて」と言われます。
書籍も「Wonder」は読めるけど「Freak the Mighty」は読めない、って感じです。
学校に通っているだけではダメなんだなーと
つくづく思います。

子は「英語のコンテンツで夢中になれるものがないんだよねー」って言ってます。
結局、好奇心をもとにした自発的なインプットには
かなわないんでしょうね。

仮説3 語学は使わないと身につかない

授業をしっかり毎日英語でネイティブから受けていても、
ちっとも語学ができない(話せない、聞けない、読めない、書けない)
ケースも多いんです。

我が子は中国語の授業をネイティブの中国人から受けています。
週に3回も、です。
しかし、これがびっくりするほどできないんです。

ということで、またまた子供と分析。

「単純に、中国語を話す機会がないから」

そうなんです。
いくらネイティブに授業受けても、使わないとできないんです。

だから、全授業を英語でやっても、
友達同士で日本語で会話してたら、
やっぱりできるようには
ならないだろうと思います。

日本語はかろうじて家族(私だ)と話す機会がそこそこあり、
保てているのかもしれませんねー。

さて、このテキトーな考察をまとめると、
1)インプットの量が重要
2)自発的インプット>受け身なインプット
3)語学は使わないと身につかない

我が子だけのせまーい世界で見てきましたが、
案外、大人を含め誰にも当てはまる気がしますね。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)