「日本のこと」カテゴリーアーカイブ

ほとんどの人は「自分で決めたくない」人かもしれない

noteに「誰かが何かをしてくれるのを待つ」のをやめるという記事を書いたら、大きな反響がありました。

面白いなと思ったのは、「自分で決めたくない人もいるのでは」という反論があったことです。

そうなんです。
ほとんどの人は、自分で決めたくないんですよね。
こちらにきている小学生と話していても、「インターの先生にいちいち意見を言えと言われて、意見なんてないから困る」ってお子さん、結構います。

自分で決めるのは怖いし辛い

以前、元共産主義国の人と話してて、自由主義になってさぞかし楽しんでると思ったら、
「以前の方が気楽で安心できてよかった」と言われて驚いたことがあります。
「守られてる幸せ」と言うのもあるのかもしれません。

そう。自分で考えるのは面倒臭いし怖いんです。
他の人にしたがってた方が気楽だし間違いもなさそう。
それに自分で何かを決めて行動するには、エネルギーが要ります。

自分が何者か、をよーく知らないといけません。
自分に向き合う作業って、結構辛いんですよね。
嫌なところ、ダメなところも見ないといけないので。

その上で、選択肢を精査して決断を下さないとならないです。
他人が行ってない道は、ものすごく怖いんですよ。
私もマレーシアに来るときは結構勇気がいりましたね。

失敗したこともないから失敗が怖い

以前も書いたけど、日本では、みんなこの練習をしてきてない。
「自分で決めて」「行動して「失敗する」を経験してない。
親が決めた習い事をずーっとやって、親が勧めた学校に行ってたら、
そりゃ、経験することがなかなかできないです。

一方で、誰かに勧めてもらったり、決めてもらったりするのは楽なんですよ。

さらに、自分で決めて行動すると、責任も自分で取らねばなりません。
失敗したときに「親が勝手に決めたから」「会社の命令で仕方ない」
などと愚痴を言えなくなるわけです。

多分みんな「自分の決めたことの責任」を取りたくないんじゃないかなー。

「お母さん決めて」という子は、失敗した時にお母さんのせいにできる。
うまくいかなかったとき、「だってお母さんがそう言ったじゃん」と相手を責めることができるわけです。

転勤で海外に来て馴染めなくても、「いや会社の命令だから」と逃げられる。

ところが自分で決めたことには、自分で責任を持たねばなりません。
「こんなはずじゃなかった」と思っても愚痴を言えないわけですよね。

そんなわけで、私は自分で決めて勝手にやっている感覚が楽しいと書いたけれど、
実際にはそうじゃない人たちもいっぱいいて、それはそれでハッピーならいいんじゃないの、って思います。

「自分で決める人」になるか「決めない人になるか」それ自体も一つの選択なのかもしれませんね。

ーーーー
オンラインサロン「新しい子育てを考えよう!」を始めました。アジアの新しい教育に興味がある方、不登校のお子さんをお持ちの方、一緒に話しましょう。
https://camp-fire.jp/projects/view/98348

他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

noteもやってます。https://note.mu/kyoukn

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia


(スポンサーリンク)



日本人は自意識過剰!?

こんにちは。マレーシア在住6年目の野本です。

東京に住んでいたころのお話です。
我が家には、ときどきマレーシア人やシンガポール人、香港人が遊びに来ていました。
みんな来るたびに日本を褒めてくれました。

外国人が来るたびに「ね、日本っていい国でしょ」って言いたくてたまらなかったです。
安全でどこにでも行けて素晴らしいでしょ、と。
そして、もしみんなが日本に住みたいなら心から手伝いたい、と思ってました。

マレーシアに来て、3年くらい経ったころ、
あるマレーシア人がいいました。
「なんで日本人って、日本、日本って、自国のことばかり言うの? 
他の国の人はそこまで自意識過剰じゃないよ」

そういえばなんでだろ? って思いました。
当時、何かというと日本の話ばかりしてたんですよね。
みんな日本が大好きなんだと思ってたんで。
え、違うの? って気分でした。

日本が好きな人は多いけれど日本に住みたい人は少ない

よーく話を聞いていくと、
ビザ解禁で、日本に観光したいという人は多くても、
住みたいという人がほとんどいないことに気づきました。
日本の会社で仕事したいという人もとても少ないことにも。
「だって物価が高いし長時間労働でカローシするんでしょ」と言われました。

日本のニュースって日本のことばかりじゃないですか。
けれど、マレーシアのニュースでは世界のことを広く取り扱います。

マレーシア人が自国をディスりながらも、
海外旅行から帰ると嬉しそうにしているのにも気がつきました。
海外にいるマレーシア人が、マレーシア料理が懐かしいことにも。

以前、郷土愛の強い知人がいて、何かにつけて
「東京の人は知らないだろうけど」
「東京の人は自然を知らなくてかわいそう」
って言われて妙な気分だったことを思い出しました。

そして、日本が素晴らしいのと同じように、
マレーシアもシンガポールも他の国も素晴らしいのだと。
日本は、日本は、と主張する私は幼稚に見えてるのかも、と。
思い至ったのですね。

で、改めてそういう目線で世界を見ていると、
自分が見ていた世界って世界の1パーセントくらいじゃん……って思いました。

日本人同士で話してても絶対に見えてこない世界ってあるのだな、と
つくづく感じています。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)



マレーシアで良いのは「無駄に怒られない」こと

日本からマレーシアに帰ってきました。

マレーシアで良いなーと思うこと。それは、
それは、「無駄に怒られないで済む」ってことです。

東京には怒っている人が多い

東京では、街で怒っている人をよく見かけました。

スーパーで店員さんに怒ってる人、
店で文句言ってる人、
駅で舌打ちしながらすり抜けていく人……。

近所の郵便局には
「ATMでのお客様同士のトラブルが増えています」
という張り紙を見ました。
駅前では怒鳴っている街宣車がいました。
何を怒っていたんだろうなぁ……。

店員さんも、それを見越して無駄に防御しているようにも見えました。
「これ以降はお客様ご自身の責任でお願いします」
「こちらの商品は特性上、返品はお受けし兼ねます」
みたいに防御してるんですよね……。

なんかもうギリギリのところでみんな頑張ってるのかなー。

ただ、他人が怒っているのを見るだけでも、
地味ーに精神にくるんですよね……。

個人的にどっちが正しいとか本当にどうでも良いので、
みんな辛いことを無理して続けるのはやめよーよと言いたいですね。

怒りをコントロールしないとマレーシアでは損します

マレーシアに来ると、街中で無駄に怒っている人がほとんどいません。
以前も書いたけど、怒りをコントロールできない人は、
ここではダメな人とみなされて相手にされないんです。

正義の戦いをしてる人もたまにいますが、
ここでは正義の数もいろいろなので、
あんまり意味がありません。

以前、怒鳴りまくる韓国人のお客さんに対して、
マレーシア人の不動産屋さんがかるーくいなしていました。
ああ、ここでは怒る人は尊敬されないのだな。
怒ってると、大抵損するのだ、と5年で学びました。

威張ってる人も少ないですね。
ハッピーな雰囲気なので、人ごみが怖くないのです。
その代わり、治安は悪いんで、その分注意は必要なんですけどね。
プラマイゼロです。

東京ではみんな厳しすぎて、お互いの首を絞めてるように見えます。
もっとテキトーに気楽に行けばいいのに、といつも思います。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)