「人間関係」カテゴリーアーカイブ

人間関係の悩み

みんな、他人を気にしすぎている

ときどき、他人のことを気にしている人がいますよね。
よせばいいのに、他人の人生にあれこれ口を出してしまいます。

頭が暇だと他人が気になり始める

私も、そんな時期がありました。

会社員だった頃、仕事があまりにもつまらなくて耐え難かった私は、いつも他人ばかり見ていました。

別の会社で出張していく友人を見ては「羨ましい」とひがんだり、
結婚して退職していく同僚を見ては「いいなぁ、辞められて」と思ったり。
自分がハッピーじゃなかったので、いつもいつも、人を羨んでいました。

かと思えば、野球選手やら歌手やら、他人の人生にやたら興味を持っては、
追っかけよろしく情報を集めたりしていました。
実際に、地方都市までロックバンドを追っかけて行ったこともあります。

しまいには、彼らのやることなすことに興味を持ち、その人が失敗したりすると「何やってんのよ。こうしたほうがいいのに」などと、批判したくなるんですよ。
ところが、冷静になってみると、自分が彼らに対してできることは、ほぼなんもないのです。

虚しい……。

そこに気づいてしまうと、心底からそう思いました。

要するに、ヒマだったのですよね。猛烈に。

いえ、仕事は忙しく、毎日残業してましたから、忙しかったのです。
でもね、頭の中が暇なんですね。
要するに、仕事は機械的にしてるだけで、他に考えることがないんです。

自分の人生に向き合う勇気がなかったんですよね。今思うと。
ある意味、恵まれていたのだと思います。

だから、他人のことが必要以上に、気になってしまうんです。
相手の人生をシミュレーションして、断罪したり、冒険したり、アドバイスしたりしてしまうのです。
他人のことを考えているうちは、自分の人生に向き合わなくて済むから。

自分に向き合うのには勇気がいる

そんな私も、ある日、ハタと気がついて、このままではいけないと自分に向き合うことにしました。
これはなかなか辛い作業でした。

野球選手や、ロックスターとは違う、大した能力もない、等身大の自分と向き合うわけです。
そんな自分が何ができるのかを考えていかないとならないのですから。

自分で挑戦を始めると、人生、そうそう上手くはいかないです。
今までは野球選手やら歌手やらに自分を投影しては、「ああすればいいのに」などとコントロール願望をぶつけていたのに、自分で挑戦してみると、そんなに甘いものではないことがわかってきます。

もう一つ、相手に嫉妬してしまうときには、「自分はこの人みたいになりたいんだな」と認めるようになりました。これもまた、辛い作業ではありますが、嫉妬とは要するに願望なんですよね。
何かが「憎らしい」「羨ましい」と思うときには、多分自分も深層心理ではそれをしたくてたまらないんですよ。
だったら、素直にそこに従って自分も「そうなる」勇気を持てばいいのです。

こうして、他人のことを考える時間は減っていきました。

他人のことより、自分のことに集中する

今でも、かつての私のように他人にばかり時間を使いたい人を見ると、「ああ、わかるなー」と思います。
日本という国は、やはり恵まれているので、頭の中が暇でもやっていける人がたくさんいるのです。

マレーシア人にも、たまに他人が気になって仕方ない人がいます。
日本のように芸能ゴシップが少ないので、リアルな人間関係に口を出してきたりして、やっぱりトラブルメーカーになることが多いです。
見ていると、ある程度恵まれて、頭が暇になってしまっている人が多いです。

自分でコントロールできる自分のことに集中したほうが、ずっと気楽だし楽しいんじゃないかなっと思いますね。

ーーーー
オンラインサロン「新しい子育てを考えよう!」を始めました。アジアの新しい教育に興味がある方、不登校のお子さんをお持ちの方、一緒に話しましょう。
https://camp-fire.jp/projects/view/98348

他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

noteもやってます。https://note.mu/kyoukn

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia


(スポンサーリンク)



他人のことが気になって仕方ない人々

 

取材に行ったら、「日本人村に行くと、みんなの視線が気になって……。店でタバコも吸えないです」って言ってる人がいました。
海外には日本人が多く住む場所があるのですが、そこで聞く愚痴はこんな感じです。

「毎朝、幼稚園に子供を送った後のママたちの横を通るのが嫌で嫌で……」
「カフェでパソコン開いているだけで、何してたのと聞かれる」
「遠巻きに服装とかチェックされている感じがするんで心が病みそう」

そんなわけで、せっかく東南アジアにいるのに心が病んでしまう人もいるのだそうです。

東京から田舎に引っ越した人も同じこと言ってました。
田舎では「さっきスーパーにいたでしょ」とか「昨日アマゾンで買い物したでしょ」「何でおしゃれしてたの」と観察されるんだそーです。

都会の人や、マレーシアの人は他人のコト気にしないんですね。
多分、自分のことで忙しいのでしょう。

他人のことが気になってしょーがない人というのが一定数いて、
他人に観察されている、のが嫌な人も結構います。

新庄 剛志さんの「わいたこら!」にも、「バリ島では有名人だってことでジロジロ見られないから居心地良い」って書いてありました。有名人も同じなんですね。

他人は絶対にコントロールできない

最近の相談でも、「他人の目が気になって行動できない」って人、少なくないです。
この人たちに共通しているのは、自分の行動に集中できないってコトです。
「どう思われるだろう」って考えて行動できないのです。
中には、家族関係などで親に行動をコントロールされてる人もいる。

私も以前、他の人が気になっていた時期がありました。
一生懸命なのに、なぜか上手くいかない不器用な人をみて、
「こうしたら上手くいくのに」などとアドバイスしたりしてました。
で、相手が自分のアドバイス通りにならないとイライラしたりするんですよね。

でもある日ハタと気づきました。
他人は絶対にコントロールできないんですよね。

ベストセラーになった「嫌われる勇気」に「自分と他人の課題を分ける」というのがありました。
これ、かなり気に入っています。
実際には相手の方が依存的なことも多いので、そう簡単にはいかないのですが。

今では、なんか自分にできることはあるかな? と考えて、
なければ、頭から追い出すようにしています。
そして自分の仕事に集中する。

人生は短い。他人のことをあれこれ考えている時間はもったいないです。

わいたこら。 ――人生を超ポジティブに生きる僕の方法

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

オンラインサロン「新しい教育を考えよう」を始めました。
https://camp-fire.jp/projects/view/98348

他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページをみてください。

noteもやってます。https://note.mu/kyoukn

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

(スポンサーリンク)



一歩日本を出てみると見える世界がある

こんにちは、マレーシア生活6年目の野本です。

日本にいるときは、みんなに迷惑かけちゃいけないと強く思ってました。

特に通勤・通学のときかなぁ。
切符買うときモタモタしちゃいけないし、
エスカレータは東京では右側を開けなくちゃいけないし、
人の歩くスピードを邪魔しないように気をつけてました。

子育てもです。
レストランに子連れで行くときは許可取らないといけないし、
母親は食事を手作りしなきゃいけないと思ってました。
お弁当は綺麗に作らないと子供がかわいそうだと思ってました。
外で子供がもたもたしてると怒ったりして。

子供にいい影響があるわけないですね。

たまーに一時帰国すると、ああ、気づかなかったけど、
実はすごく神経使ってたんだな、とわかりました。

当時私の行動の基準は「(日本人の)みんなにどう思われるか」でしたね。
どうでもいいことに神経をすり減らしていて、
同時に他人にも厳しかったよーな気がします。

マレーシアに来たら、これがほぼなくなりました。

子連れで大抵大丈夫だし、ご飯作らない主婦もいるし、
お弁当なんて見てないし。
大雨の渋滞はどうにもならないから、遅れた人がいたら待つだけー。
物事はなるようにしかならないと達観してます。

マレーシア人の友達が増えて、日本人にどう思われてもまーいいかなって
思うように変わりました。
たまに真面目なマレーシア人に怒られたり呆れられたりはします。
マレーシア人にもいろんな人がいるんですよ。

ある学者さんによると、ルールが厳しい社会の方がいじめが起きやすいそうです。
なんとなくわかりますねー。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)