月別アーカイブ: 2016年10月

Office 365 Solo日本語版を海外で買ってみた

海外在住で地味に悩むのが、ソフトやパソコンを
どこで買うかということ。
現地で買うことはもちろんできますが、日本語版を
買ったほうが後々便利なこともあります。
最近ありがたいのが、オンライン版が海外からも買えるように
なったこと。
「日本国内のみからのダウンロード」などと
注意書きがあったりしますが、
今回はOffice 365 Soloを買ってみました。

Office 365 Soloの口コミ評判が良いらしい!

評判が良いらしいOffice 365 Solo 版。
2台のWindows/MacやiPadなどで、Word/ Excel/ PowerPoint /
Outlook/ Onenoteなどが1年間使えます。
年間の使用料を払い続けないといけない仕様ですが、
初期投資が少なくてというメリットもある。

私はずっとMac版のMicrosoft Office 2008(古すぎますね)
を使ってきました。

毎年、新しいものを買おうとするのですが、評判の悪さに
手が出ないでいました。
Mac版のオフィスってなぜかいつも評判が悪いんです。

しかし、このOffice 365 Soloはなかなかの高評価!

One driveやスカイプの無料通話も使える!

契約期間中は、1TBのOne Driveが使えるのも大きな魅力です。

One Driveはマイクロソフトが運営するオンライン上のストレージサービスで、
早い話がハードディスクとして使える場所を提供してくれるというもの。
1TBあると結構入ります。
スマートフォンの写真や動画を保存しておくのに便利そう。
(ただ、永久保存ではないので、そこは注意ですね)

さらにスカイプの無料通話が毎月60分使えるらしいので、
海外在住者には便利そうです。

海外在住者でもアマゾンからOffice 365が買えたよ!

が、アマゾンの購入ページを見ると、日本語版独自の
Office 365 Soloのオンラインコード版には
「日本国内でのみ購入可能」って書いてあります。

うーん、ダメかもしれないな。
それでもどうしても今使いたい、
ということで、思い切って買ってみました。

結論から言うと、私の環境では大丈夫みたいです!
インストールもかつてのオフィス製品からすると
拍子抜けするほど簡単。
サクサク動くようになりました。
今のところは、目立った不具合も起きていません。
あー助かった!

マイクロソフトの公式サイトで12,774円。アマゾンでは11,581円で、
アマゾンの方が若干安いのが決め手になりました。

(アマゾンのリンクです。評判も読めます。)
Microsoft Office 365 Solo(1年版) 購入特典付き|オンラインコード版|Win/Mac/iPad対応

これから海外に暮らす人はどんどん増えると思うので、
こうしたオンラインで買えるサービスはありがたいですよね!

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)



マナーの悪い人を許せない日本人社会・許すマレーシア人社会

こんにちは〜。マレーシア在住4年の野本です。

小田嶋隆さんが、日経ビジネスに電車内のマナー広告についてのコラムを書いていました。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/174784/102700067/?rt=nocnt

駅貼りのポスターや深夜のテレビCMの中にマナー広告の占める割合が増えている。理由は、日本人のマナーが低下しているからではなくて、われわれの「他人のマナーへの許容度」が低下しているからだ。

私問題のマナー広告は全く知らないのでノーコメントですが、
マナーの許容度が低下しているというのは同感です。

私の子供の頃の東京は、
電車に乗れば座席の隙間にゴミが挟まってたし、
子供もたくさん乗ってたし、
整列乗車なんて視野しないし、
街も人ももっとゴチャゴチャしてました。

今の東京は綺麗だけど、その分、みんなに監視されてて
いつ怒られるかわかんないムードがあります。
時々日本に帰って電車に乗ると、
「シーン」としていてます。
子連れの母親なんかは、その空気を感じ取って、子供に
「静かにしてなさい!」などと怒鳴ったりしちゃいます。

子供を怒るというより、周りの目を気にしてアピールしてるんですね。

日本人の半分はリラックスした人間を憎んでいる!?

小田嶋さんのコラムでびっくりしたのが、

日本人のうちの半分ぐらいは、リラックスした人間を憎んでいる。誰もが自分たちのように、びくびくして、周囲に気を使って、神経をすり減らしているべきだと考えている

ってとこ。

リラックスした人間を憎んでいるから、
他人にイライラするんですかね。
面白い指摘だなーと思いました。

ここマレーシアは他人への寛容さで知られており、
迷惑な子連れでさえ、
電車でも他人から睨まれるよりも、親切にされることの方が多いんです
日本から子連れで来た人は、ここにたいてい感激します。
そもそもみんなリラックスしていて、電車の中でケータイで話すのは普通。
大きな荷物を持っている人はみんなで助けてたりします。

仕事帰りの中年男性とかがフツーに子供をあやしてくれますよ。
男性の子供への親切度が全然違うんです。

おそらく男性たちも、仕事で非人間的な扱いされたりしないから、
他人に親切にできる余裕があるように見えますね。

レストランに入って嫌な顔されることもないし、
ウエイターがニコニコ遊んでくれたりするので、
子供も空気を感じ取って柔らかくなります。
私も最初に来た時は感激しました。

もちろん、日本でも子供あやしてくれたりする
優しい人はいるんだけど、やっぱり少数派なんですよ。
たいていの人は「俺は疲れてるんだ」アピールをしてる
みたい。
「俺も我慢してるんだから、お前も我慢して当然だろ」
って感じなんですね。
いやほんと大変なんだろうな、と同情します。

だから、お年寄りや子供は邪魔者扱いされちゃう。
東京で子育てするなってことだよね。
私はそう思ってました。

お互いがお互いを憎んでるところよりは、
幸せを願ってる国で子育てした方が、
どー考えても、子供自身の精神にも良い影響があるよね。

日本の未来は明るいかもしれない

とはいえ、最近になって、こう言う議論が出てきたのは、
とても良いことだと思います。

日本はここ十年くらい、どんどんお行儀良く、
マナーが向上して行ったけど、その分、
息苦しくなってきた。

他人に迷惑をかけないことは、確かに大事かもしれないけど、
あまりにお行儀良くなりすぎると、
規格外の人ははじき出されちゃうんですよね。
そこに人々が気づき始めたのだと思う。
誰でも最後は老人になって、
社会に迷惑をかける側になっちゃうわけですしね。

日本でも、他人にもっと寛容になり、
多様性を受け入れるようになって、
それぞれが自分の疲れてるアピールをやめて、
他の人の幸せを願うようになっていけば、
暮らしやすくなるんじゃないかな。
迷惑かけちゃってもいいんだよね。

そしたら、子供産む人も増えると思います。

東京もいよいよ良い方向に変わるかもしれないですねー。
ちょっと楽しみになってきました。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)



多様性が人を幸せにすると思う

最近、いろいろ混じるとどんどん幸せが増える気がしてます。

東京にいた頃、女子だけのグループよりも、
老若男女、誰でもオッケーの集団が好きでした。

ちょうど所属していたオーケストラがそんな感じ。
おじーちゃんから若い女の子までがみんな仲間だと、
なんか楽しくなるんですよねー。

お互い比較しても意味ないから、自由だし、
そのバラバラさが居心地の良さにつながってました。
入って来れば誰でも仲間だし、出て行く人は追わないってのも
よかったなー。

これが同年齢、同性の似たような集団だときついのです。
ついついお互い比較しちゃうし、無言の「了解事項」みたいな
ものが増えていくしで、長いことつるんでると息が詰まってくる。

でも、日本人だけのグループに、マレーシア人が入ると、
なんか空気がさっと変わって、柔らかくなる。
鬱屈した雰囲気の中、ふと言いにくいけど大事なことを
言ってくれたりするんですよね。

もちろん、マレーシアにも、中華系でしか付き合わない人、
マレー系でしか付き合わない人もいます。

でもですね、そういうグループの中では、
なぜか比較や暗黙の強制が始まっちゃうんですよ。
同じ服着てこいみたいなね。

だから、最近できるだけいろいろ混じっているところに
自分を置くようにしてます。
ムスリムもいるし、インド系も多いし、ベジタリアンもいます。
お互いがお互いを尊重し、踏み込まないように付き合うと、
居心地が良くなるんだなーとつくづく思っています。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)