「日本のこと」カテゴリーアーカイブ

東京とマレーシアの違いは、周囲の人が「敵」か「味方」かにある

野本です。ご無沙汰です。
日本に一時帰国中。
東京に帰ってきて、あまりのスピードに目が回ってます。

マレーシアと東京の一番の違いは、
周り(特に初対面の人)が「仲間に見えるか」か「敵に見えるか」かってことかな。

日本は周り全員が敵だけど、かなり安全。犯罪率少ない。
マレーシアは周り全員が仲間だけど、結構危険。犯罪率高い。

って感じですね。

お前はマレーシアボケしすぎてて、
なんのことを言ってるのか判らん!
とおっしゃるかもしれません。

日本ではお店の人もかなり他人行儀なんです。
すんごく丁寧なんだけど、微妙にお客さんに対抗してる感じがします。

「お客様、この商品は特性上、返品は受け付けかねますがよろしいですね?」(新宿のY電機)
「お客様、当店は間も無く閉店となりますので、お会計お願いします」(アキバの喫茶店)
「お客様、他のお客様のご迷惑ですので、荷物はこの棚において頂けますでしょうか」(谷中のレストラン)

みたいにバシッと言われると、

「あれ、この人、私が嫌いなのかなぁ……」

って思っちゃうんですよ。

いや日本じゃ当たり前の対応なんですよね?
仕事ちゃんとしてるだけ。

でもなんだろう。
マレーシアボケした私からすると、ロボットみたいなんだなー。
店員さんとお客さんが、競い合ってる感じで、緊張します。
「愛がないよなー」って思うのです。

電車の中でもみんなお互いに目を合わせないようにしますよね。
怒らせないように、必死、みたいな?
シンガポールでも同じことを感じました。
ひとが多すぎるのかなぁ。

全員が身内みたいなマレーシア

マレーシアだと、店員さんとお客さんは友達みたいな感じです。

こちらがニコニコすれば、相手も親切にしてくれます(多分)。
丁寧な言葉遣いはないけど「今日はメニューはこれしかないよー」と笑って言う。
いやいろいろないのはマレーシアの方が多いんですよ。

そこに、上下関係はなくて、友達に近いんです。
相手が遅れようがミスしようが、「まーいいよ、オッケーラー」の世界です。
初対面でも、相手に対する対抗意識とか競争意識が薄くて、
みんな仲間だから仲良くやろうよ、という意識が根底にある。

調査でも、マレーシア人は特に見知らぬ他人に親切にする国民性だそうです。

その代わり、クレームなんかつけたら
「あのお客さん怖いー」と避けられます(実話)。

無理やり例えるなら、マレーシアでは出会う相手が
全員自分の身内のおばちゃんみたいな感じかな?
掃除も適当。時々「あーごめん、今日は疲れちゃったの」ってこともあるけれど、
愛があるから追い出したりしないんです。
でも、大して詮索はしてこない。

東京だと馴れなれしい人にはむしろ要注意ですよね。
だから、人との距離が遠い感じがします。

そんなわけで、東京にしばらくいると、
心底マレーシアが懐かしいなと思うのでした。

日本にもそんな場所はあるかもしれませんねー。
あったら教えてくださいー。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)



日本の学校に「奇習」が多いワケ

こんにちは! マレーシア在住5年の野本です。

科学者の茂木健一郎さんが、

小学校の算数にまかり通っている「奇習」は、子どもたちに対する「虐待」である

というタイトルのブログを書いて、話題になっています。

昨日、小学校の算数のテストで、「3.9+5.1=9.0」と書いたら、減点されたというツイートが流れてきて、とてもびっくりした。これははっきり言って一種の子どもに対する「虐待」である。これ以外にも、小学校の算数には謎の奇習があると聞く。

かけ算の順序、足し算の順序、という「問題」があって、2x3=6は正解だが、3x2=6は不正解、同じように2+3=5は正解だが、3+2=5は不正解、という「世界」があるのだという。詳細はアホらしいので書かないが、もし興味がある方は検索してみて欲しい。

日本の学校では教えた通りにやることが重要

日本の学校では、答えがあってるだけじゃダメなんですね。
先生に教わった通りにやらないといけないのです。

算数の「奇習」に関しては賛否両論で、
全く意味がないわけではないらしい。
賛成派の意見は難しくてよくわかりませんが、
まーそういう考え方もあるんだということです。

国語に関しても、子供が小学校1年生の時のノート、結構衝撃でした。
漢字は「止め」とか「はらい」がきちんと書けてないとバツ。
私の漢字なんて全部バツですよ……。

1年生にして「漢字って死ぬほど難しいよ」と思わせるこの教育。
なかなか日本っぽいなーと思います。

子供にとっては楽しくないですよね。

注)最近、漢字についてはルールを緩めようって文化庁が言い出したみたいです。
今までのは何だったんだ……。
漢字の厳しい採点とはもうオサラバ!止めはらいハネなど、多様な漢字がOKに!?https://conobie.jp/article/3722

小学校の「奇習」あるある

地元の学校にはさらに、

「休み時間は外で遊ばなくてはいけない」
「友達はさん付けで呼ばなくてはいけない」
「習ってないことを質問してはいけない」

などいろいろなルールがありました。

朝礼では冬も上着を着てはいけない」ってのもあったなー。
どういう意味があるのかわかりませんが、
きっと何かの経緯があるんでしょう。

我が家の子は、これが無理でした。
次第に口数が少なくなっていき、
学校であったことをほとんど話さなくなりました。

で、マレーシアに来て息を吹き返してます。

「楽して答えを出す奴は許せん」という思想

日本文化は「型」を重んじんるので、
ある意味仕方ないのかなと思います。

中学で習う英語の「5文型」とかもそうで、
私は未だにあれが理解できませんが、
日本流の「型」なんだと思ってます。

最近、宮尾登美子の小説を読んだのですが、
芸者の世界のしきたりが厳しすぎてびっくりしました。
安月給でほとんど詐欺みたいな労使関係なのにです。
アウトローと言われるような、
ヤクザの世界にも暴走族の世界にも
厳しいルールが存在するのが日本です。
無法者ですら、細部や手順にこだわるんですね。

つまり、さっさと結果だけ出す人は社会に出たらダメ出しされます。
寿司職人もそうで、修行してないのに美味しい寿司が握れる人は
許されない。

「楽して答え出す奴は許せん」って世界なんですね。

無理だ、と思ったら日本から出るのもあり

そういう社会に対応するために、
みんな重箱の隅をつつかれる訓練を小学生の時からしてるわけです。
そのため大半の日本人はインスタント寿司職人を
「許せない」って感じるんだろうなぁ。

つまり一見意味のない学校の奇習も合理的なんですよね。
社会に出ていきなりびっくりしなくて済みますから。
「ワケわからんルールに従うこと」を学んでるワケです。

社会が「楽する奴は許せない」って考えてる以上、
日本の教育を変えるのは難しい。
算数の問題だけ取り出して直しても、意味がないのです。

で、「細かいことはどーでもいいじゃん」と思ってる
うちみたいな家庭は、
思い切って外に出てみるのもアリですよね。
お金はかかりますけど(泣)。

他人を許せる人が多いマレーシアには、
日本とは真逆な世界が広がっていて、
これまたびっくりします。

その代わり、ここで育つと日本社会に適応できないだろうなー。
なかなか、頭の痛いところです。

ーーーー

他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)



クレーマー対策で大変な日本のサービス業の人たち

 

マレーシアと日本、一番違うなーと思うのは、人の扱いかな……。
あまりに違うので、日本の状況が信じられなくなってきます。

マレーシアと日本、人に対する扱いが違う

マレーシアでは、レストランや店の従業員はのんびり。
従業員に威張るお客さんは嫌われます。(参考記事

日本だと逆で、サービス業の人は大変です。
相手の立場が弱いと威張り出す人がいます。
「自分より下の立場の人はどう扱ってもいい」
と考える人が一定数いるのです。

この人たちは、相手が自分より下と見るや否や、
怒鳴ったり無理難題を押し付けたりする。
気に入らないと「誠意がない」と言って、ごねたりします。

雑誌の編集部に怒りの電話をかけてくる人たち

クレーマーが大変なのは、何もサービス業だけじゃありません。

雑誌の編集部にいた頃、発売日になると、
「オタクはどうなってるの?」
「こんなことも知らないの」
みたいな電話がかかってきます。

なかには「社長を出せ」とか言って
編集部まで押しかけてくる人もいて大変でした。
これが一人じゃないからびっくりです。

製造業の人からも、「日本のお客は細くて厳しいので大変だ」
と聞いたことがあります。

広告業界だと下請け会社に「とにかくすぐ直せ」などと無理を言う人も多いです。
社内で部下や他部署の人を相手にやっている人もいます。

この人たちが何を考えているかというと、半分くらいは
相手に意地悪して困らせてやりたい、と思っているんですよね。
または、自分の力を相手に誇示して、どっちが上かわからせてやりたいかな。
ヤレヤレです。

クレーマーが少なくなると、仕事は楽になる

マレーシアには、相手に対し、尊厳をもって接するお客さんが多いですね。
そして滅多なことでは怒りませんし、
コミュニケーション能力が高い人が多い。

すると、社会はとても楽になります。
無駄な仕事が減り、お互いに単なる意地悪で仕事を増やすことがなくなります。
自殺率も低いです。

何しろ、クレーマー対応みたいな無駄な仕事が少ないから、
無駄にビクビクしなくて良いんです。

無理やりごねたり、怒ったりするお客さんがない社会の方が
効率的に仕事ができるなーと思います。

ーーーー

他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)