信頼感がベースにあると、仕事の量が減って行く理由

こんにちは。野本です。

日本に比べると、東南アジアの人々の労働時間は短いです。
銀行や鉄道、雑誌制作など、明らかに似た仕事をやっているのに、なぜマレーシア人たちは残業しないでやっていけてるんだろう? と不思議でした。

 

最近、それは、「信頼感」によるんじゃないかな、と気づきました。
マレーシアは日本より治安が悪いのです。なのに他人への信頼があるのです。

信頼がベースにあると、いろんなコストが下がって行く

例えば、マレーシア人向けのマニュアルは、日本人ほど細かくなくても大丈夫です。

これね、あらゆるところで感じます。

先日、マレーシアの自治体主催のメディアを対象にした旅行に行ってきました。

今回も、旅程表はりアバウトなPDFのみ。
出発時間も集合時間も書いてなくて、ただイベントのラフな時間が書いてあるだけです。

どーするのかな?と思っていたら、SNSで前日、連絡が来ました。
当日さらに、バスの遅れにより変更になり1時間遅れになりました。
当然ながら、誰も怒らないし、文句をつける人も皆無です。

しかも、このツアー、誰も時間通りに集まりません。
だいたいの時間になると、何となく人が集まり始め、SNSで「行くよー」と主催者が声をかけ、
30分くらい後にようやく出発。

誰も時間通りに集まらないのに、進行に問題が出ない不思議

一時が万事こんな感じなのですが、終始和やかな雰囲気で、仕事が進んで行きます。

それはもうこんなにスムーズで良いのかな?というくらい、何の問題もなく、
5日間の日程が無事終了しました。
かなりハードなスケジュールで、朝から夜中まで満杯なのに、不思議すぎです。

世界は面白いですね。
ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia


(スポンサーリンク)



図書館だけでは学べない時代がやって来た

こんにちは。野本です。

マレーシアのインターナショナル・スクールには、教科書を使わないところが少なくありません。あるIBの学校では「書籍は出版された途端に古くなるので、基本使いません」と言っていました。

出版社で雑誌を作っていた私、活字大好きです。ですが、これ、最近実感しつつあります。

一時帰国の時、子供と図書館に行きました。
ところが、彼が今、ホームスクールで学んでいるような人工知能や数学、最新の科学、仮想通貨などの本は、実に少ないんですね。新刊やムックの情報が有効である期間が、極端に短くなって来ています。私自身も5年前に本を出版しましたが、書いてあることはもうかなり古びてます。
そう。時代の移り変わりが激しすぎて、本で何かを学ぶことが難しくなって来てるんです。

では、文学ならいいだろう、と思って子供と「怪盗ルパンシリーズ」の復刻版を読んで見ました。
衝撃を受けたのは、そこにある「日本語」の古さ。
昭和の日本語と平成の日本語って全然違うんですね。
「これどういう意味」ってなんども聞かれました。

最近、子供が「嬉しみ」とか言い出して、「そんな日本語ないでしょ」と言ったら、
流行り言葉だったみたいです。
あああ……。

現代の紙がiPad、講義はYoutube

子供の学習を見ていると、彼の数学や物理の知識はほぼWikipediaと動画から。知識は圧倒的に動画の方からが多いようです。本も読みますが、それもKindleが多い。

子供の通うSTEM学校ではYoutubeなどの動画を駆使して教えています。
今や、世界中の数学者や科学者が、自分自身で動画を作って公開してるんですね。
学校のは講義するというより、コーチングに徹しています。

「動画の授業の方が、ミスも無駄もなく、クオリティが高い」と子供は言います。
そういえば、以前の学校でも動画を効果的に使っていました。

多くの欧米の大学が無料で授業動画を公開しています。
正直、動画が苦手な私には理解し得ない発想です。

日本語がうまいマレーシア人も、Youtubeで日本語学んでる人が多いです。
ただ、アニメだと「先生ハラヘッター」になっちゃうので、私ヒカキンを勧めてます。

最近、子供から言われた衝撃の一言があります。

「おかーさんはそもそもYoutubeがどうなってるか理解できてないでしょ。その世代がパソコン見ないで本読めっていうのって、江戸時代の人が現代に来て巻物を読めって強制するのと変わらないんじゃないかな」
と。

がーん。
江戸時代……。
巻物……。

でもそうかも。彼の先生にも「お母さん、iPadは現代の紙だと思ってください」って言われちゃいました。

ほんと親世代にできることは、あんまりありません。
子供にはとりあえず自己肯定感と自分で探索する力をつけ、あとは自由にやってもらった方が良さそうです。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

(スポンサーリンク)



アクティブ・ラーニングが向く子、向かない子

こんにちは! マレーシア在住6年になる野本です。

最近、教育界で話題のアクティブ・ラーニングは、学びを押し付けない点で「ゆとり教育」にちょっと似ています。
陸上競技の為末大さんが面白いことを言っていました。

 

これ、アクティブラーニングにも同じことが言えるんじゃないかな、と思います。

エリート養成に向くアクティブ・ラーニング。部下を作る従来の教育

誤解を恐れず言えば、IB(インターナショナル・バカロレア)などのアクティブ・ラーニングは一種のエリート養成教育です。
自分で考え意見を表明できる子は飛躍的に伸びますが、受け身の子はあまり伸びないです。

なぜかというと、アクティブ・ラーニングでは教師が基本的に「教えない」からです。

もちろん、ある程度の知識の暗記や計算はするものの、 基本、教師は「コーチング」に徹します。
子供達は自分で課題を設定し、解決策を考えていかなくてはなりません。

特にIBで要求されるエッセイは、考え抜き、自分の言葉で理屈を組み立てる世界。
その時に試されるのが子供自身の「問題を発見する力」「思考し続ける力」です。

「考える」のが苦手な子を変えるのは難しい

考える力というのは、ほぼ幼児期ー小学校低学年あたりで決まっているかなーというのが個人的な見立てです。

私のいたコーディング塾も自学自習が基本で、先生はコーチングに徹します。
最初の基礎は教えますが、だんだん自分で探求してもらうようになるわけです。
ところが、なかには「手取り足取り指示されないとできない」というお子さんがきます。
けれども、こういうお子さんを変えるのはなかなか難しいのです。

幼稚園や塾、小学校で、大人の指示に従うことに慣れたお子さんで、アクティブ・ラーニングが苦痛というタイプもいます。
与えられたことは得意だけれども、自分で考えるのが面倒臭いと言うのです。
好きなものが特になく、自分の興味がよくわからない、というタイプのお子さんも見ます。

そういうケースでは、伝統的な教育方法の方が向いているかもしれませんね。
伝統的な教育方法では、知識を暗記させ、指示に従うことを重視します。
まだまだ、世の中にはそういう仕事もたくさんあります。

マレーシア人でも、子供を欧米のアクティブ・ラーニングの学校に入れたものの、いつまでたっても勉強しない(勉強しているように見えない)と心配になり、結局、伝統的な暗記教育に戻っていく親子が少なくありません。

別に全員が全員アクティブ・ラーニングじゃなくても良いですよね。
子供の向き不向きをみて判断すれば良いのだと思います。

ーーーー
他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)