どうやって子供のコントロールを手放すのか

子供をコントロールする? しない? という議論が、ツイッターで盛り上がってました。

私も小さい頃は、怒鳴っていうことを聞かせる典型的な親でした。「片付けなさい」「急ぎなさい」「明日の支度した?」などなど、いつも怒ってました。

 

子供を放っておくとどうなるのか

 

小学校中学年の頃、子供が「お母さん、明日僕は交通事故で死んじゃうかもしれないよ。それでも、その言葉を後悔しないでいられる? 人生は短いのだから、今の時間を楽しく過ごそうよ」と言われて、ある日ハッと気がつきました。

そこで、無駄に怒るのをやめると決めました。
まず、朝起こすのをやめました。
荷物の支度を促すのもやめました。

様子を見て、起きないのなら、ずっと放っておくことにしました。
遅刻は自分の責任だから、何が起きても自分で引き受けてね、と言いました。

息子は最初、「どうして起こしてくれなかったの」と遅刻するたびに八つ当たりして来ましたが、だんだんと自分で目覚ましをセットして起きるようになりました。遅刻するのが嫌だったようです。

忘れ物や宿題に声をかけるのもやめました。中には、「宿題の声かけをしてください」という先生もいましたが、「もう高学年だし、本人に任せて責任を取らせてください」と話すと、承知して協力してくれました。

宿題をずっとやらず、先生から「1日やらないと倍にします」と言われて、10枚以上になって慌てたこともあったようです。

寝る時間をうるさく言うのもやめました。朝自分で起きるためには自分で寝る時間を管理しないといけない、と気づいたようです。

こうして色々、手放してみると、親がやることはあまりない。

子育てが楽になり、余裕が生まれました。
子供と随分、いろいろなことについて議論するようになりました。議論したことで、彼の日本語力は、相当上がったと思います。私の書いたものの多くは、子供との議論から生まれたものです。

 

子供自身が管理する側になって見えること

 

子供は6年生になると、クラスの代表(プリフェクト)として出席や自習時間を管理したり、学校の問題を解決する仕事を任されました。
彼を推薦したのは、当時の担任の先生でした。他の先生からは「あの問題児をプリフェクトにするなんて!」と反対意見もあったそうです。当然ですよね。プリフェクトって、制服からして一般生徒と違うし、かなり重い仕事なのです。

プリフェクトの1年、管理する側の仕事をしたのは、本人にとって大きな学びになりました。障害がある子をどう仲間に入れるか、虐めっこにどう対応するか、みんなにどうやって本を読んでもらうか、遅刻をどうなくすか、そんなことを毎週話し合ったようです。

そんな感じで、我が家はコントロールを手放していきました。早めに手放すことで、本人は責任を自覚し、自分の道を真剣に考えるようになった気がします。

我が家も子育てはまだ途中。まだこれからわかりません。
尊敬するメンターの先生に色々影響を受けている様子です。
最近、自分で試験を受けると決め、毎晩遅くまで一人学校に残って勉強してます。

でも困ったら手を差し伸べるくらいかな。ゴールである「自立」に向けて、もう少し伴走していきます。

 

ーーーー
オンラインサロン「新しい子育てを考えよう!」を始めました。アジアの新しい教育に興味がある方、不登校のお子さんをお持ちの方、一緒に話しましょう。
https://camp-fire.jp/projects/view/98348

他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

noteもやってます。https://note.mu/kyoukn

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia


(スポンサーリンク)



マレーシアの教育にあって日本の教育にないもの

「ワクワク海外移住」のデイジーさんのブログ。
ホームスクールに移ってハッピーにやっているお子さんたちの様子が綴られています。

だから、先生はどんな子のことも、抱きしめる、抱きしめる。
インターやローカル幼稚園の先生もあたたかかったけれど、ホームスクールの先生はさらにその上を行っている感じ。
障害者という、助けが必要な子たちをよく知っているせいなのかもしれません。

マレーシア人に学ぶ、心のやさしい子どもの育て方

いやー、ええ話やなーと思いました。

先日も、マレーシアに来て、幸せそうにやっている親子の話を聞いて嬉しくなったばかり。
2校目でハッピーになった様子です。

悩んだりあっちこっち行ったりした末に、「それぞれの子供がそれぞれに自信をつけてハッピーになっていく」のを見るのって最高です。

 

学校で「自己肯定感」ができることの良さ

 

我が家も、マレーシアの教育で一番感謝しているのがこれ。

英語が身についたことでもなく、
勉強ができるようになったことでもなく、
学校で、周りにいっぱい愛してもらった記憶。
そして、そのことで、自己肯定感が上がったことかな。

息子の最初のインター、インド人の先生がよく抱きしめてくれてました。
2番目のインターでも、先生たちは、どの子も穴があくほど見てました。
子供は「先生たち、子供のいいところを必死に探してるんだ!」と言ってましたね。

「天使」ってあだ名のインド系の担任からは、
「欠点だらけの、今のままの風変わりなあなたでいてね」ってメッセージをもらってました。

先生たちはマクドナルドに連れてったり、アイスをプレゼントしたりと、それは「間違ってる」「正しくない」のかもしれないけど、私はありがたいなーって思いました。
日本の学校の先生は「キチンとしてて」「ちゃんとしてる」けど、愛情をくれるほどの余裕はなかったかなー。

案外、日本の従来の教育になくて、こっちにあるもので一番大きいのは、「愛情」かもしれません。

 

十分注目してもらえると、子供達は穏やかになる

 

愛情があり十分「見てもらった」満足感のある子は落ち着いて、穏やかになる気がします。

子供も、親以外のいろんな人からたくさん愛されたと言っています。
子供は、「学校で自分をたくさん表現できるから、暴れる必要がなくなる」と言ってました。

すっかり自分に自信を持ち、自分の世界を探求するのに大忙しです。
「自信」がベースにあれば、困難なことにも立ち向かっていけると、思うんですね。
「自分ならできる。大丈夫!」と実感しているから、数学の難問も諦めずに解けるんでしょう。

自己肯定感をどう作るか、ものすごく大事だと思います。
それにはたくさんの人が愛情をかけてくれる人がいる環境を与えること、もひとつの方法じゃないかなー。

ーーーー
オンラインサロン「新しい子育てを考えよう!」を始めました。アジアの新しい教育に興味がある方、不登校のお子さんをお持ちの方、一緒に話しましょう。
https://camp-fire.jp/projects/view/98348

他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

noteもやってます。https://note.mu/kyoukn

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia


(スポンサーリンク)



親の「胆力」が試されるとき

子供の自主性にいろいろ任せて子育てしていると、面白いことが起きます。

以前は宿題をやらないで放置したところ、先生側が「宿題は一日で倍に増えます」と宣言し、指数関数的な増加の恐ろしさを体感していたこともありました。
その後、彼は宿題を出さない学校に転校しました。笑

批判的思考を育てると、子供はどうなるか

多くのインターナショナル・スクールでは「批判的思考(クリティカル・シンキング)」を教えます。
例えば、歴史でも地理でも「背景」を考えさせる。
「アパルトヘイトはいつ終わったのですか」と問うのではなく、「アパルトヘイトはなぜ終わったと思いますか。あなたの考えを書きなさい」と言われるのです。

子供は自分の頭で考えるようになり、ときに親や先生の言うことに疑問を持ちます。

先生が、報道や親の言うことに「本当かな?」と疑問を持ちなさい、と言うこともあります。

すると、子供は
「なぜ宿題をやらなければならないのか」
「なぜ同じ計算問題をなんども繰り返させるのか」
と疑問を持つわけです。

そこで好奇心旺盛な子は、実際にやってみて、結果をみたくなる。
その結果を本人が引き受けることが「学び」に繋がると、私は思います。

そこで試されるのが、先生や親の胆力です。

まあ、実際にはインターとは言ってもさまざま。中には高圧的な先生のいる学校もありますね。
華人友人が行ったシンガポールのIB学校などは「IBとは名ばかりだった」そうです。
その点、子供が以前通っていたローカル・インターは素晴らしかった。

子育てのゴールはどこにあるのか

ところが、子供たちが自分で考えることに恐れをなして、中華学校や日本人学校に子供を戻してしまう親もいます。
「生意気な子供はいらない」と言うワケです。これはマレーシアでも日本でもそうです。

けれども。

子育てのゴールは「自立」です。

子育てのどこかの時点で、子供をコントロールするのを親は諦めないとなりません。
それをどこに置くのか? と言うことですね。
親の考えを疑い、親を超えるのは、必要なプロセスだと、私は思います。
いつまでたっても「お母さん、これはどうするの」と親の顔色を伺うようでは、自立はまだ遠い。

いずれにせよ、どこかで「コントロールを手放すか」を考えなければいけないということです。

ーーーー
オンラインサロン「新しい子育てを考えよう!」を始めました。アジアの新しい教育に興味がある方、不登校のお子さんをお持ちの方、一緒に話しましょう。
https://camp-fire.jp/projects/view/98348

他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

noteもやってます。https://note.mu/kyoukn

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia


(スポンサーリンク)




ーー