マレーシアは異文化コミュニケーションのトレーニングセンターだ

先月の渡部幹さんの記事が、800いいねを超えました。
http://www.malaysia-magazine.com/news/36778.html
これね、本当にそうなんですよ。
マレーシアには、言語の天才じゃないか?と思う人が多く存在しています。

例えば、先日一緒に旅行した中華系マレーシア人。
日本語は読み書き喋り共に、ほぼ大丈夫。
日本語の原稿も書いてます。
マレーシアには、言語の天才じゃないか?と思う人が多く存在しています。

なんでそんなに自然な日本語で話せるの?と聞いたら、「Youtubeでバラエティ番組を見ているうちに覚えた」とのこと。
バラエティ番組を見ていると、下に字幕が出ますよね。あれを頼りに、少しずつ語彙を増やして行ったのだとか。
留学経験どころか、語学学校に行ったこともないそうです。
それどころか、「日本語の教材ビデオなんてつまらないから見たことがない」と言ってます。

そんなわけで、今四人ほど、マレーシア人のライターさんたちがいます。
彼らは日本語で文章を書きます。例えばこんな感じです。

ペタリン・ジャヤにある泊まれる図書館「Books and Beds」を体験してきました

日本語も、別に完璧じゃなくても、良いのです。
日本人だって完璧な日本語書ける人なんていませんからね。
私だって間違えてばかりです。

彼らの原稿は、何より内容や着眼点が違う。
マレーシア人が書いた日本語の記事、やっぱり日本人と少し視点が違うんですよ。

マレーシア人は日本語で書く。
日本人は英語や中国語で取材して書く。
お互いに、影響を受けていく。
そしてマレーシアの得意とする多文化・多人種・多言語を混ぜて展開していく。

渡部先生の言う通り、異文化コミュニケーションのトレーニングセンターとしてマレーシアは最適です。

名付けて「編集部@東南アジア」。妄想が進んでしまった。
でも楽しそー。

 

と言うか、もうすでに半分そうなってるね。
ワクワクしますね。

 

ほとんどの人は「自分で決めたくない」人かもしれない

noteに「誰かが何かをしてくれるのを待つ」のをやめるという記事を書いたら、大きな反響がありました。

面白いなと思ったのは、「自分で決めたくない人もいるのでは」という反論があったことです。

そうなんです。
ほとんどの人は、自分で決めたくないんですよね。
こちらにきている小学生と話していても、「インターの先生にいちいち意見を言えと言われて、意見なんてないから困る」ってお子さん、結構います。

自分で決めるのは怖いし辛い

以前、元共産主義国の人と話してて、自由主義になってさぞかし楽しんでると思ったら、
「以前の方が気楽で安心できてよかった」と言われて驚いたことがあります。
「守られてる幸せ」と言うのもあるのかもしれません。

そう。自分で考えるのは面倒臭いし怖いんです。
他の人にしたがってた方が気楽だし間違いもなさそう。
それに自分で何かを決めて行動するには、エネルギーが要ります。

自分が何者か、をよーく知らないといけません。
自分に向き合う作業って、結構辛いんですよね。
嫌なところ、ダメなところも見ないといけないので。

その上で、選択肢を精査して決断を下さないとならないです。
他人が行ってない道は、ものすごく怖いんですよ。
私もマレーシアに来るときは結構勇気がいりましたね。

失敗したこともないから失敗が怖い

以前も書いたけど、日本では、みんなこの練習をしてきてない。
「自分で決めて」「行動して「失敗する」を経験してない。
親が決めた習い事をずーっとやって、親が勧めた学校に行ってたら、
そりゃ、経験することがなかなかできないです。

一方で、誰かに勧めてもらったり、決めてもらったりするのは楽なんですよ。

さらに、自分で決めて行動すると、責任も自分で取らねばなりません。
失敗したときに「親が勝手に決めたから」「会社の命令で仕方ない」
などと愚痴を言えなくなるわけです。

多分みんな「自分の決めたことの責任」を取りたくないんじゃないかなー。

「お母さん決めて」という子は、失敗した時にお母さんのせいにできる。
うまくいかなかったとき、「だってお母さんがそう言ったじゃん」と相手を責めることができるわけです。

転勤で海外に来て馴染めなくても、「いや会社の命令だから」と逃げられる。

ところが自分で決めたことには、自分で責任を持たねばなりません。
「こんなはずじゃなかった」と思っても愚痴を言えないわけですよね。

そんなわけで、私は自分で決めて勝手にやっている感覚が楽しいと書いたけれど、
実際にはそうじゃない人たちもいっぱいいて、それはそれでハッピーならいいんじゃないの、って思います。

「自分で決める人」になるか「決めない人になるか」それ自体も一つの選択なのかもしれませんね。

ーーーー
オンラインサロン「新しい子育てを考えよう!」を始めました。アジアの新しい教育に興味がある方、不登校のお子さんをお持ちの方、一緒に話しましょう。
https://camp-fire.jp/projects/view/98348

他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

noteもやってます。https://note.mu/kyoukn

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia


(スポンサーリンク)



子供がサイエンス・キャンプに参加しました

こんにちは! 野本です。

子供は日本のサイエンス・キャンプに参加してきました。

科学を英語で学ぶキャンプです。世界全域から集められた参加者が5日間、共同生活をしながら、一緒にプロジェクトを進めるというもの。将来、インターナショナルなサイエンスの学校を作るプロジェクトの一環なのだそうです。

兼ねてから、数学仲間を探していた息子。
「参加したい」と決め、一次審査ではエッセイを書いて、二次審査ではスカイプで英語面接を受けました。
スカイプ面接は緊張したようです。初めて会う人とスカイプで話すという経験は初めてだったとか。

スケジュールは本人宛にメールで来て、面接の枠も自分で予約。
無事、奨学金までいただけることになり、感激していました。

オンラインの事前のミーティングにも参加。
こうした全部のプロセスを全て自分でやったのは、きっと良い経験になったと思います。

本番は、一人飛行機に乗って参加して来ました。

集まったのは、アジアはじめ各国からの中高生。

四人のグループになり、自分たちで決めたテーマに関するリサーチ。午前中は北海道大学の大学生の研究の見学。ラットの解体を通じて腸の細菌を見たりしたそうです。リサーチは主にインターネットを使って行います。最終日には彼らのチームはHIVウイルスを検査キットをどうやって作るか? について発表しました。

滞在を終えた子、最高に楽しかったとのこと。寮生活を通して、一生の友達ができた様子です。残念ながら数学の同じ興味の友達は見つからなかったのですが、「全員が量子力学を理解できるんだ! みんなすごいんだ」と言ってました。

「少し興味が異なった仲間との方が、興味が違うぶん、深く語ることができた」とのこと。「仲間を見つけに大学に行くのもいいなー」と言いだしました。一番仲良くなったのは、タイから来た男の子だとか。

今回参加したのはISSJという所のキャンプでした。
機会があれば、同様のキャンプに参加したいと言ってます。
良さそうなものをご存知の方いれば、教えてくださいー。

ーーーー
オンラインサロンを始めました。
https://camp-fire.jp/projects/view/98348

他の海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

noteもやってます。https://note.mu/kyoukn

東洋経済オンライン連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia


(スポンサーリンク)